法教育シンポジウムin福井、回顧。

過日、標記のシンポジウムが150名を超える参会者を頂き、開催されました。
橋本の基調講演は、以下の通り。

1.「地域の問題は自分たちの問題」-「自助、公助ではなく共助の時代」
2.それらの問題を解決するための手法-「法的な思考方法」-
3.「法教育」とは何か-4つの特徴と最も重要な要素=「思考方法教育」-
4.新学習指導要領の趣旨と「法教育」-コンピテンシー論から迫る-
5.新学習指導要領における「法教育」-社会科と道徳・特別活動を中心として-
6.新学習指導要領における「法教育」の実際
7.今後「法教育」を進めるにあたっての課題

これらの内容を30分で話しました。

その後で、小学校・中学校・高等学校における「法教育」の取り組みについて、
小学校は、清水北小学校の白木先生による「ルールのランキングの授業」、
中学校は、明道中学校の森川先生による「効率と公正を関連付けた高速道路の無料化の授業」、
高等学校は、藤島高校の青木先生による「模擬裁判選手権福井県予選」、を
それぞれご報告されました。

最後はパネルディスカッション。
エッセイストの安藤和津さんを交えて、コーディネーターは、法務省の丸山さん、
パネリストは、金津高校の三田村校長先生、野坂弁護士、青木先生、そして、橋本でした。

香川・山梨・福井と続いた「法教育シンポジウム」ですが、三者三様で良かったです。
特にパネルディスカッションは三箇所とも「法教育の普及に向けて」がテーマでしたが、
登壇者が変わると、話の内容も変わるものですね。今回は、「『法教育』をわかりやすい
言葉で表すとどうなるか」といったコーディネーターの問いが、「法教育」の社会的・
教育的意義を聴衆に伝える意味で良かったと思いました。

採録記事は明日の福井新聞朝刊(一面記事)に出るようですので、ご覧下さい。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-28 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧