日本弁護士連合会・市民のための法教育委員会(201206)。

過日、標記の委員会に出席してきました。
本年度第1回目の委員会。
正副委員長を始め、事務局長の選任などが
行われました。

また、このブログでも紹介している委員会の活動
について、教材作成チームは本年度本格的に中
学校の教材作成に当たり、模擬裁判選手権チーム
は8月の全国大会の準備に余念が無く、企画チーム
は、ホームページ作成や教員研修の企画立案など
を行っています。

会の後半は、後藤直樹弁護士による「法教育」に関する
講義?でした(橋本は所用で聞くことが出来ませんでしたが)。

各単位会の活動も少しづつ確実に進めている組織もあれば、
大阪のように大々的に活動している単位会もあります。

そういえば、大阪弁護士会は、「模擬裁判ゲーム」を作成し、
同会のホームページにアップしています。

http://www.osakaben.or.jp/web/index/index.php
「スイートホーム炎上事件」

先日、本学の学生さんと一緒にやってみましたが、1時間30分では
終わりませんね(苦笑)。大変良くできているとは思いますが。
ゲームを使って授業を組み立てようと思ったのですが、これでは、
少し難しいでしょうね。ゲーム以前に争点を把握させた上で、30分
位で評議中心に出来るものがあれば、模擬裁判ビデオを見せて評
議を生徒にさせるパターン以外の授業も構想できるかなあと思いました。
同ゲームについては、下記ブログにも記事がアップされています。

http://yaplog.jp/teng/

話があちらこちら飛びましたが、引き続き、今年度も日弁連委員会の助言者
として尽力していければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-19 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧