法教育科研スタート。

過日、法教育科研がスタートしました。
同研究はこれからの3年間で以下のミッションを
段階を追って達成することを目的としています。

法・心理・教育研究者の協同による小学生の発達段階に
対応する法教育プログラム開発

(1)小学生に育成すべき法的概念の明確化
(2)小学生の法的発達の実態把握
(3)法的発達を促す小学校6年間の法教育プログラムの開発

今回はそれぞれのミッションのうち、(1)と(2)を中心に議論を
しました。

(1)については、そもそも法的概念の何に焦点を当てるのか、
その概念をその言葉の本質を失わないまま、小学生に理解できる
ように別の言葉に置き換えてみたらどのようになるのか。
(2)については、道徳的な発達に関する現在の研究的到達点をご
報告頂き、また、(3)とも関連しますが、アメリカ合衆国では、心理的な
アプローチを踏まえどのような段階性を追った教材が開発されているのか
についてもご報告頂きました。他に、私法の原則に関する概念をどの学年で
教えれば良いのかについて発達心理学の研究成果を踏まえたご報告も
頂きました。

(1)については、公法(立憲主義)、私法(私的自治、契約自由から例外)について
各一つづつを法学者の先生方にご担当頂くことになりました。
(2)については、(1)を踏まえ質問紙を作成することになります。

また「海外調査」「国内調査」についても行うことを確認しました。

これから3年間で何とか形に仕上げる必要があります。
学会などでも随時研究発表していきたいと思っています。
ご指導ご鞭撻のほどお願いします。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-07-06 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧