福井県教員採用試験1次結果(2012)。

学生の話などを総合すると、どうも本学社会系の学生に
関してはその結果が芳しくなかったようです。

例年、「一次は通過して、二次が難関」なのが福井県教員
採用試験。

一次は7割程度できれば合格する、二次が8割程度できる
必要あり。これが社会科における「合格基準」。

しかし、今年は、一次の「合格水準」が上がったようです。

社会科の学生は惨憺たる結果で、橋本はかなり衝撃を
受けたといったところ。

例年通りの想定で一次の勉強をしていた学生さんにとって
みれば、「だまされた」感じですね。

ただ数名合格しているようなので、彼ら・彼女たちは、しっか
り合格できるように、後数日ですが、がんばってほしいもの
です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-08-02 00:00 | 教育のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧