NIE福井大会・総括④

(続き)

公開授業の後は「実践報告」。

まず一つ目は、教育研究所の鈴木先生と藤島の青木先生
によるご発表。

http://yhasimot.exblog.jp/16460132/

鈴木先生は心理的アプローチによる「個人のバイアス」を
認識させる授業実践、青木先生は「社会(新聞)のバイアス」
を認識させる授業実践を報告されました。また青木先生は、
「社会参画」を想定した「政党作り」の授業を報告されました。

バイアスを知ること、それが「批判的思考」の基礎になる。
つまり、批判的思考の基礎を理解させることの重要性を説いた
実践報告です。

「政党作り」はこれまで青木先生が取り組まれたシティズンシップ育成
にもつながる授業実践ですが、NIEの授業としては、他の二つでしょう。
ただ他の二つのうち、鈴木先生の実践は、NIE授業ではなかったものを
NIE授業として改変したもの、どの新聞記事を使うべきなのか相当悩ま
れた授業だったと思います。

意見交換ではいずれも肯定的な意見ばかりでした。特に青木先生の実践
は注目を集めていましたね(橋本としては鈴木先生の実践の方を注目した
のですが)。

いずれにしても、鈴木先生、青木先生、また、この授業作りグループに関わった
諸先生方、ご苦労様でした。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-08-21 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧