福井法教育研究会(2012)。

過日、福井法教育研究会が開催されました。
今回は弁護士の先生、学校現場、院生を含め12名の参加者。

議題は2つ。

(1)県中社研で公開予定の授業についての検討
→ 北陸新幹線の敦賀からの3ルートについて、
「効率と公正」の視点から考察する授業でした。

(2)金津高校の高校生が小学生に「法教育」を行う
プロジェクトの報告
→高校生が小学生に授業を行う、それも「法教育」。
全国的にも珍しい取り組みが福井で進行しています。
今回は、図書館ライオンの童話を事例にして、法的
リテラシーを生徒に身につけてもらう授業の検討でした。
→このプロジェクト、本学の院生も関与し、高校生がグループ
に分かれて「法教育」授業を構想する際にアドバイザーとなり
ます。

会が終了した後は、いつもの割烹で、飲み会。
I弁護士の「日弁連・民暴対策委員会副委員長」
就任のお祝い会です。楽しく飲みましたが、某割烹
は今月末で閉店とのこと。残念至極です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-10-14 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧