協同実践研究プロジェクト(2012)。

問題解決リテラシー群の講義が後期から本格スタート。
理科・数学・社会・家庭科の4つの領域から大学院生さんが集い、
一つのテーマを決めて、探究活動を行います。その探究の結果
を授業化する、これが本講義の目的。

今回は11名と受講者が多く、またうまく各領域バランス良く人数が
そろっています。

今回3つのグループに分かれて決めた大きなテーマは以下の通り。

資源・エネルギー問題
防災
人間(高齢社会、生命倫理)

今後この大きなテーマをさらに絞っていく作業。そして、探究した内容を
どう授業にするのかについて、議論する作業に入ります。

本プロジェクトは当初、一つのテーマで、各教科の枠組みを重視して、
それぞれの教科の「活用」型授業を意識しながら、一つのテーマの問題解決
を探る授業を作り上げていましたが、2年目は、一つのテーマを、子供の学び
の筋を重視しつつといった点にシフトしており、教科の枠組みが消えかけて(橋本
から見れば、ですが)、3年目も2年目と同様になっています。これでは「総合的な
学習の教材開発」でしかなく、教科教育学研究としてはあまり意味のないものになっ
ていると思っています。合議で決めることなので、致し方ないとは思いますが。
少しでも研究的意義のあるものにしていかないといけないかなあと思っています。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-10-31 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧