特別支援学校における「法教育」。

過日のブログにも記しましたが、第二東京弁護士会で講演をした折りに、
特別支援学校で「法教育」実践を行うので、是非見に来て下さい、との依
頼を受けました。

橋本はこれまで特別支援学校を訪れたことは一度だけです。ただ、特別
支援学校における「法教育」の取組は管見の限り、ほとんど日本では行わ
れていません。



今回訪問したのは、東京都立矢口特別支援学校。
校長先生が前任の学校で「法教育」に取り組まれた縁で、矢口特別支援学校
での実践につながったようです。

今回拝見したのは、軽度の知的障害を持つお子さんたちのクラス(高等部)。
劇仕立てで、キャッチセールスを行い、巨人戦の当たりくじを「えさ」にお店に
連れて行き、お店から出てきた「怖いお兄さん」が高額の商品を購入させよう
とする、そういったお話を見て、自分たちはどうすれば良かったのか、について
考えていくといった流れ。典型的な消費者(保護)教育の教材でありました。

子どもたちの反応は、「くじが無料というのがそもそもおかしい」(既有の知識
からの疑問)「巨人ファンでないからついていくことはない」などなどありました。

「どうすれば良かったのか」については、「逃げる」「相談する」といったある意味
子どもたちにとって「生きるための知識」をしっかりわかっており、最終的に、先生
がそれを確認する。「逃げる」という行為を子どもたち自身に劇仕立ての中に入れる
ことで経験させる、そうすることで「文字」だけでなく「体験」で繰り返し学ばせる、授業
にはそういった特徴がありました。

最後、弁護士の先生が、「クーリングオフ」制度について「相談する」と関連させながら、
わかりやすく説明していました。

ただ、「逃げる」「相談する」といった点に子どもたちの視点は釘付けで、なかなか制度の
理解まで十分到達できたのか、微妙だったと思います。

学校の先生のお話を聞いていると、「重度」よりも「軽度」の方が消費者教育が必要だ、
とおっしゃっておられました。実際の場面だと、お店に連れて行かれると、逃げ出しにくいの
げ現状ですし。連れて行かれないようにする、最初が大切なのだと思います。

また「法教育」をどうするのか、消費者教育的な側面だけでよいのか、考えてみる必要も
あるなあと思いました。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-12-18 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧