法と教育学会企画委員会(201301)。

新年早々、標記の委員会が開催されました。



今回の議題は、来年度の研究大会テーマの検討です。
まだここには示すことは出来ませんが、メンバーで議論を
しています。

テーマ決めは継続性と新規性を鑑みて決めていく必要があります。
「継続性」とは、第1回大会からの「継続性」。第1回大会で明らかに
なったことと課題になったことを踏まえ、次回以降の大会につなげていく。
「新規性」は、「継続性」を踏まえて示すことが出来れば良いのですが、
その時々の社会的情勢を考えていく必要もあり、二つを一緒にするのは
なかなか難しい。

また社会科系の学会と違い、毎年の研究テーマを学会の企画委員会で
決めていく必要がある。。これは利点でもあり欠点でもあります。
利点は上記を考えつつ、研究に取り組めること。一方で欠点は、良いアイデア
が浮かべば良いのですが、なかなかそうならないと困ったことになる、という
ことでしょうか。

次回委員会あたりで、テーマを決め、人選に移れれば良い、と考えています。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2013-01-12 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧