インディアナポリス・ポートランド出張③。

インィデアナポリス二日目の続きです。



高校訪問を終えた後、同校そばにあるchildren museumに出かけてきました。
全米最大規模といわれる「子ども博物館」。子どもに対する自然科学教育や社会科教育
との関連する展示があり、参考になりました。

b0091443_6434939.jpg


b0091443_6444939.jpg


b0091443_6463823.jpg


上記は「エジプトを旅する」コーナーです。展示を見ていくとエジプトの歴史や文化を
学ぶことができます。

私が気に入ったのは、「白人と黒人の分離教室」に関連したコーナー。

b0091443_6473862.jpg


公民権法が制定されたが、白人と黒人の差別問題が強く残っていた時代。
黒人と白人の共学を政府が進める中で、優秀な成績を誇るRudy Bridgeが
白人の学校に通うことになったことから始まる。登校初日、連邦保安官に囲まれ
学校に登校するRudy。白人から罵声を浴びせられながらも登校するが、白人
の子どもを持つ親は自分の子どもを連れて帰ったり、学校の教員はRudyに何も
対応しないといったことが発生。最終的には「白人と黒人を別教室」で授業を行い、
白人のRudyに対する対応は相変わらず。。といった当時のRudyを巡る状況が、
家族関係(親御さんも職場を解雇される)から読み解けるような展示になっています。

公民権法の成立を巡る歴史や平等条項の変遷(進展)が理解できるようになっていますし、
教師用のパンフも充実しており、「博物館と学校授業とのコラボ」が可能になっている
と思いました。

インディアナポリス二日目は朝から夕方までびっちりの内容でした。
翌日はポートランドへの「移動日」になります。トータル6時間近くのフライトです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2013-02-22 00:01 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧