ベルリン出張②。

ベルリン出張の続きです。



ベルリン出張でまず訪問したのは、フンボルト大学(図書館)。
我々が宿泊しているフリードリッヒシュトラーセから至近で、
マルクス、ヘーゲル、アインシュタインなど著名な学者を
輩出しています。

フンボルト大学の玄関には、以下のような文章が掲載されています。

b0091443_1619334.jpg


Die Philosophen haben die Welt nur verschieden interpretiert, es kommt aber darauf an, sie zu verändern. Karl Marx

「哲学者たちは世界をいろいろ解釈したにすぎない。だが,大事なことは世界を変革することだ。」

そして階段のステップには「一歩一歩」と示されている。

b0091443_15513372.jpg
b0091443_15523980.jpg


「一歩一歩」近づいていくことが大切であることを意味している。大切なことだと思います。

次の訪問先はEUの「ベルリン広報センター」。EU学習の教材を探すために訪れました。

b0091443_1558467.jpg

b0091443_1620782.jpg


ブランデンブルグ門のそばにあります。EU学習の教材もあり、環境学習、政治学習に
関連するパンフなどを収集しました。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2013-03-09 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧