福井法教育研究会(201304)。

過日標記の研究会が開催されました。



今年度の研究テーマは、小生の科研とも関連させて、
「道徳と法教育の『融合可能性』を探る」です。

これまでの研究成果としては、道徳教育と法教育の
理論的な特徴を明らかにし、その「違い」は何かを
明らかにしてきました。

本研究会では、従来道徳の副読本で取り扱われている
内容を踏まえ、それを道徳で流す場合と法教育的な授業
として流す場合はどう違うのか、検討していきます。

とりあえず、小学校5年生と中学校3年生で道徳で法教育
をどう行えるのか、について、指導案の作成・研究授業の
実施を行っていくことになりました。

研究成果については、法と教育学会で発表できるように
したいと思っています。

引き続き、どうぞ宜しく御願い致します。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2013-05-27 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧