兵庫県立須磨東高等学校。

先日、指導助言に行ってきました。



兵庫県立学校では、それぞれの学校が特色あるコースづくりを
進めており(しており)、同校では、「リーガルマインド類型」
を作ろうとしています。

政府が「グローバル人材」育成を進めています。ここで言う「グロ
ーバル人材」とは、英語をとにかく使える人材という発想から、「グ
ローバル社会で活躍できる人材」育成を想定しています。

同校の目指すのも、「グローバル人材」のうち、国際弁護士のような
ものをアウトプットしていきたいのでは、と考えていました。

「リーガルマインド類型」のカリキュラム・教育内容は、国際弁護士を
目指すといったものではなく、校長先生もおっしゃっておられましたが、
市民性としてのリーガルマインドを重視しているとのこと。入学時の
カリキュラム中心の検討でしたが、今後は、二年次以降のカリキュラムの
あり方についても専心的に検討していく必要があります。

日本にはなかなかこれまでなかったコースです。俄然注目が集まるでしょう。

今後もできる限り、協力し、校長先生のおっしゃる「市民性としてのリーガル・
マインドをどう作るのか」について、カリキュラム編成などに助言できればと
考えています。

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2014-02-27 18:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧