第56回日本教育心理学会で自主企画シンポジウムを開催します。

11月8日 神戸国際会議場 10:00~12:00に開催します。
テーマは、[JD02]小学校における法教育の可能性を探る-法学・
教育学・心理学の研究者の協同 です。




https://confit.atlas.jp/guide/event/edupsych2014/subject/JD02/classlist 

この三年間の研究成果の発表会。

昨年度の日本教育心理学会ポスターセッション、法と教育学会後援公開シンポジウム
に続き、第三弾目ということです。

10:00 開会 (司会:桑原敏典)
10:00~10:10 本研究の課題設定の趣旨と本研究の方法(橋本康弘)
10:10~10:20 子どもが学ぶべき法概念:民主主義の概念とは法学的にどう説明できるのか(土井真一)
10:20~10:30 日本でこれまで法教育はどう展開されてきたのか:弁護士会の活動を中心にして(根本信義)
10:30~11:10 日本の小学生は民主主義の概念についてどのような理解をしているのか(樟本千里・中原朋生)
11:10~11:25 調査結果を受けて日本の小学校では法教育をどう展開すれば良いのか(須本良夫・渡部竜也)
11:25~11:40 指定討論者の意見(二宮克美)
11:40~12:00 質疑・応答

ご興味のある方は是非ご参加を・・と言いたい所ですが、参加費がとってもお高いので。
一日参加でも5000円です。

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2014-11-08 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧