道徳科の改訂学習指導要領について。

一昨日、パブコメにかけられました。



http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?OBJCD=100185

ざっと拝見しましたが、新聞報道にもありますように、これまでの
道徳と内容はほとんど変わりません。ただ、教育課程課の合田課長が
コメントしているように、従来型の道徳教育ではなく、議論型の
道徳教育を目指したい、とのことです。具体的にどの内容で、想定
しているのか、中学校であれば、生命倫理などが考えられますが、
その内容等については、解説が出てみないとわかりませんね。

橋本としては、「公正・正義」の扱い方に着目したいと思います。
道徳の「公正・正義」と法教育の「公正・正義」はいささか異なります。
高校現代社会の「公正・正義」もあり、その辺りの異同を意識しない
といけないのでは、とも思います。解説に詳しく説明して頂ければ、
ありがたいとも思っています。

また、中学校で扱う「生命倫理」と高校の「倫理」で扱う「生命倫理」
の異同など、についても着目していきたい。同じ事を繰り返す場合、
説明が必要ですから。恐らくその違いを考えながら、作業をされている
と思います。

引き続き、注目していきたい。政治的な意図は別として、従来型を変える
方向性を示して欲しい、教科書の作りなど、教科書会社は「安全運転」を
強いられそうですが、何かしら、「新しさ」を出して欲しい、そう思って
います。

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2015-02-06 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧