「正義の授業」。

日弁連での講演の際にも、少し触れた「正義の授業」を拝見してきました。



福井県立武生高校のI先生が数年前から取り組まれている「正義の授業」。
「噂」には聞いていたのですが、授業を拝見する機会がありました。

過日、福井県教育研究所で行った「高等学校・中学校教員対象の社会科研修会」
で小生が「幸福・正義・公正の教育」について講演した内容がどうも「発端」
のようで、この講演に「触発」されたI先生が「政治・経済」「倫理」の授業で
「正義の授業」に取り組まれているようです。

今回拝見したのは、「栄養士免許が取得出来る公立福岡女子大学への入学を希望
した男性を男性という理由で願書提出を不受理にした件」を取り上げて、「男性に
女子大への受験を認めることに賛成か否か」について考えるというもの、また、オ
ラウータンに「人権」を認めるとした南米の裁判所の判断について、「裁判所がオ
ラウータンの解放を命じたことに賛成か否か」について考えるというもの、この2つを
「お題」として取り上げて、ワークシートに賛成か反対かの意見を記入させ、班別に議
論させるというものでした。

前者は、賛成が1人、反対が31名、後者は、賛成が15名、反対が17名。前者について
は、生徒自身の中で、「きまりは絶対に守らないといけない」といった意識がどうも強く、
「反対」意見が多数提示されましたが、先生は、「賛成側」の主張もあえて作らせて、議論
をさせようとしていました。後者は、「賛成側」の理由として、「オラウータンが長年檻の中
に入れられてかわいそう」といった情緒的な理由付けが多く出されました。

I先生は、「社会的問題に対する思考・判断のきっかけ」づくりのためになさっているようです。
ですので、一つの問題を深く考えるというよりは、複数の問題をテンポ良く考え、子どもたちの
意見を表出させることを重視されています。

これは「授業観」の違いかもしれませんが、小生だったら、どうするのか。一つの問題を、
「女子大学が存在している目的」について、考えさせ、その「合理性」。今もって、それが
存在する「合理性」を問う、そもそも、女子大学が存在した歴史的背景から考えさせていた、
「ものさし」は「目的の合理性」で考えさせていたと思います。

また、子どもたちの理由付けは、前者の賛成意見の場合は、「男女平等が大切だから」といった
点に止まっていたので良いのか。

何を授業の目的にするのか、どこまで子どもたちが判断し、その判断基準を持てば良いのか、
教師の感覚で異なってきます。

「公正・正義」といった社会的諸価値を判断基準にする、といっても、判断基準の「レベル」
は多様です。

今回、小生も研究分担者として加わっている「大杉科研」は、その価値判断基準に焦点を
当てて研究するものです。今後微力ながら、少しでもより良い研究になればと考えています。






[PR]
by yasuhirohashimoto | 2015-06-11 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧