福井県教員採用試験の結果(2015)。

過日、その結果が県教委から通知されました。



今年度、橋本ゼミからは、現役で小学校教諭採用試験に合格した者が出ました。
また、過年度組からは、高等学校公民科の教諭に内定したもの、また、他府県で
中学校教員を勤めていたものが、中学校社会の教諭に内定したもの、が出ました。

橋本ゼミ以外からも、小・中の合格者が出ていることを聞いています(いずれも過年度)。

他に合格している者もいるかもしれませんが。福井県の採用試験は「難関」ですので。
特に、高校は「超難関」です。よく頑張ってくれたと思っています。

今年度の収穫は、「現役合格者」を出したこと。社会系では、久しぶりだったと思います。
近年、「現役」では合格しないので、大学院に進学して合格を目指したり、講師をしながら
合格を目指す学生さんが多かったし、「現役ではとうてい合格できない」といった意識が、
学生さんの間で蔓延していて、それが「現役」合格を出さない悪循環になっていたと
思っています。

この結果が来年度以降にもつながって欲しい。ミッションの再定義もあり、小学校教諭の合格者
をいかに増やしていくのか。喫緊の課題です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2015-10-16 00:00 | 教育のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧