ABA訪問inシカゴ。

シカゴで懐かしい方にお会いしてきました。



ABA、アメリカ法曹協会。シカゴに本拠地があり、法関連教育の元締めがいる。
それが、Mabelである。

アメリカ法曹協会公教育部長。長年、全米の法関連教育の展開に尽力してきた彼女。
久しぶりに、お会いし、「最近のアメリカ合衆国の法関連教育事情」についてお話を
伺ってきました。

アメリカ合衆国では「凋落気味」だと勝手に考えていましたが。
つい2年前に新しいプロジェクトを立ち上げたり、コンピテンシーベイスドに関わる
調査について法教育の視点から分析する論考を発表するなど、研究実績をABAは
積んできています。

現状維持で汲々とするのではなく、新しい視点で取り組んでいるのがABA。さすがです。

ここには会談の内容全ては明らかにしませんが。今後、法と教育学会で何かしら企画
できないかと考えています。

b0091443_7265571.jpg

b0091443_7272937.jpg

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2016-03-03 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧