福井法教育研究会(200804)

過日、本学で開催しました。

(1)夏のジュニア・ロースクールについて。
→例年通り、開催。ただ日程については、福井市中学校の「部活動」(大会)となるべく重ならない日取りで調整。内容は後日検討。

(2)今年の研究方針について。

①これまでのような「単発」の授業案ではなく、単元レベル(10時間程度)で何か作れないかと言うこと。
→作ることについて了解が得られる。単元で作る場合の内容等については今後検討。

②昨年度小学校を中心として進めた「法的な思考」のための観点や思考枠組みの開発について、中学校や高校へ拡大した形とすること。
→進めていくことで了解が得られる。①・②はリンクさせて進めるかどうかは今後検討。
→予算取りを行う。

③「将来の教員に必要な法的リテラシー育成」のための大学教育改革について。
→弁護士を活用した教員養成プログラムの作成を検討する。法の学習教材開発・単元開発ができる教員の育成だけでなく、モンスターペアレントへの対応を含め、現在の学校教員に必要とされる法的リテラシーを確定し、そのリテラシーの育成のためのプログラムを作成する。
→予算取りを行う。

(3)その他

①金沢大学法務研究科を中心とした「法学教育」プロジェクトについて。

②日本公民教育学会での研究発表について。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2008-04-27 12:04 | 教育のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧