<   2007年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

広島大学附属福山中・高等学校研究大会。

過日、同大会に出席するため兵庫県立大学の集中講義の後、福山へ移動しました。

福山附属は、JR福山駅より1駅、東福山駅から徒歩15分。高台に位置する中学校各学年3クラス、高校各学年5クラス、計24クラス、1000人近くが通う学校です。

私も以前、1年間だけですが勤務していました。この1年間は充実した年でしたね(もっと長く居たかった気もしますね。今思えば)。「中国地方有数の進学校」といわれ、広島県下では難関国公立大学への進学1位、2位を争う学校です。

研究大会では、樋口雅夫先生による中学校社会科公民的分野の国際単元に該当する授業「人間の安全保障」を取り上げた授業と、和田文雄先生による高等学校地理歴史科地理に該当する授業「世界の水問題-大井川ダム問題-」を取り上げた授業を拝見しました。

いずれも「ベテラン」の先生で、指導案もしっかりした内容で構成されています。教材研究も時間をかけて十二分に出来ていて、本学の学生さんへの「見本」の授業になります(おそらく後期の講義で使用するでしょうが)。

研究授業の後は、広島大学・木村博一先生を交えた授業の反省会と、同校・森才三先生による「行為の跡」を見つめる目を育てる社会科歴史授業-小単元「近現代日本の諸戦争と軍隊」-のご発表でした。

福山に伺うと、いつものことですが「よくここまで(完成された)授業を作る時間があるなー」と感心します。諸先生方はそれだけご多忙ですから。おそらく時間を見つけて教材研究に没頭されているのでしょう。

最近の私は、講演やら、締め切り原稿やら、学内の仕事やら、それ以外の仕事だけで「精一杯」で、自分の研究を新たに進めるといった点がないような気がします。学会発表はするのですが「いまいち」なんですよね。

いつもながら、福山に伺うと「元気」をいただけるので、再び頑張ろうという気が起こってきます。少し時間を見つけて、勉強しないといけないですね。

***
9月は30日あるうち、14日は出張でした。出張中は疲れが溜まりやすいので。10月は学会シーズンでもありますし。頑張るのみです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-30 10:17 | 研究のこと | Comments(0)

兵庫県立大学集中講義3日目。

この話を書いていなかったので、本日はこのテーマで。

過日の集中講義最終日。

13時に指導案・資料・板書計画提出でしたが、何とか無事提出完了。

「導入が『重たかったり』(内容が豊富だということ)」「指導案の流れが『たどたどしい』」等、様々課題が残りました。それぞれの課題を克服するように、メンバー全員に指導案を作り直させることをレポートとしました。

模擬授業については、初めてにしては「流ちょう」でしたね。

ちょうど同講義を受けている学生さんの世代が「ゆとり教育世代」。発表するにも物怖じせず、それなりに考えた意見を言っていました。模擬授業にもその辺りの「良い」効果が出ていたのではないでしょうか。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-29 13:59 | 教育のこと | Comments(0)

相撲界暴行事件。

時津風親方が傷害容疑で取り調べだそうです。
兄弟子が傷害致死容疑だそうです。

この事件、当初あまり報道されていませんでしたが、朝青龍の「事件」よりも
「重大事件」ですよ。

北の湖理事長は「警察の捜査」待ちのような発言をしていますが、、、
早々に毅然とした対応を取らないと、いけないでしょう。

「リンチ殺人」ですよ。

この件、相撲協会の最高責任者としての理事長の責任は重大です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-27 21:03 | 雑記 | Comments(2)

兵庫県立大学集中講義2日目。

二日目の講義が終わりました。

授業分析の後で、授業作り研究に入っています。
今年は、どこの集中講義でも、新聞をテーマにしていますので、、、兵庫県立大学でも新聞を使った授業作りを行っています。

各班のテーマは以下の通り。

■社会保障について
■憲法9条と自衛隊について
■脳死と臓器移植について

明日午前中までにいかに「良い指導案」が出来るのか、楽しみにしています。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-26 20:17 | 教育のこと | Comments(0)

兵庫県立大学集中講義1日目。

今日からスタート。

学生数8人と「こじんまり」とした集中講義です。
今日は公民科のあらましについて、学習指導要領に沿って概説しました。
また現在進められている指導要領改訂の方向性について紹介しました。

午後からは授業分析。学生さんの意識も高く、やる気もありますので、いつもの集中講義よりも「課題」を一つ増やして話を進めました。

例年なら、明日は授業づくりに入るのですが、最初の一コマ目は、授業分析の続きをして、その後に授業づくりに入ります。

「少数精鋭」ですので、授業者も結果としてどのような授業が作られるのか、
楽しみしています。

***
今日、福田内閣が誕生しましたね。今、ニュースを見ていると、安倍改造内閣とほとんど顔ぶれが変わらないようです。「無難なスタート」になるのでしょうかね。ただお父さんの福田赳夫首相と同じ年齢で首相就任は因縁ですな。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-25 19:37 | 教育のこと | Comments(2)

兵庫県立大学集中講義前日。

明日から見出しの件が始まります。
今日は既に神戸入り。

例年8月のお盆明けに予定されているこの講義ですが、お盆明けの土曜日に日弁連の行事が毎年予定される関係で、今年度から9月最終週に「移動」し行うことになりました。

しかし神戸も暑いですね。もう9月の末だというのに、、、

昨日は博多でしたので、博多から神戸に新幹線で移動。午後3時には到着。
いつもの安宿にチェックインし、三ノ宮を散策しました。

大きな本屋さんも駅前に出来ているし、「ミント神戸」というタワーレコードや阪神食品館、OSシネマズ等々が入った複合施設も出来ているし(どうやら1周年らしいですが)、三ノ宮も「進化」しているようです。

三ノ宮そごうの地下食品売り場を見ていると、美味しそうな物がいっぱい。
今日は蓬莱の肉まん(関西では豚まんですが)とシュウマイを買い、夕食にしています(安くてボリュームがありますよね)。

***
そういえば昨日宿泊した博多のホテル(昨日はそれなりのホテル)に、「おすぎ」さんがいました。たまたま同じエレベーターだったのですが、あの調子でベルボーイとしゃべっていましたよ。

明日から三日間朝1コマ目~5コマ目まで。体力勝負ですね。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-24 18:02 | 雑記 | Comments(3)

全国社会科教育学会兵庫大会・課題研究。

今年は課題研究発表が当たっています。
一昨日は、発表要旨の締め切り日。

まだ全然発表内容が練られていないのですが、、、

とは言え、2頁書かないといけないですし(例年は1頁だったのですが)。

発表では「変革期の公民教育のあり方」を問う中で、その革新として
直接的な「民主主義社会形成」を目指す授業展開を示せればと考えています。

相当「反響」を呼ぶかもしれませんが(苦笑)。

***
三連休ですが、昨日は研究室にて缶詰。個人評価の「採点」やら、外部評価のための情報入力、依頼原稿の執筆・・・・ 

皆さんは休日しっかり楽しんでください。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-23 06:53 | 研究のこと | Comments(0)

主免実習もまもなく終わり。

本学の3年次生による教育実習もまもなく終わり。
昨日は、社会系の学生による附属小学校での社会科授業(6年生対象)を拝見しました。

私が拝見できるのは、後、本日行われる同校での社会科授業(4年生対象)と附属中学校の主免研究授業のみ。なかなか日程の都合が付かないのです。

これまで指導してきた学生さんなので、どんな指導案を作っているのか、授業の進め方はどうか等、色々と見ておきたいのですが、こればかりは仕方ないですね。

ただいずれにしても社会系の学生さんは元気で頑張っているようなので安心しました。
もう一踏ん張りですので、頑張ってください。

また拝見した授業については、実習終了後、その感想を皆さんに述べようと思っていますし、拝見出来なかった授業についても指導案は頂こうと思っています。

***
今日は午前中福井で前述の日程をこなし、午後は再び大阪に移動です。「大阪の仕事」についてはそのうちブログにて。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-20 07:14 | 教育のこと | Comments(0)

福井法教育研究会(200709)

先日見出しの会が開催されました。
今回の議題は、以下の通り。

(1)ジュニア・ロースクール2007の振り返り
(2)金沢市立押野小学校での研究授業の報告と振り返り
(3)日本社会科教育学会での発表内容

他でした。

(1)について。その中でも特に中学生クラスでの授業展開について議論を行いました。今回は模擬調停を取り上げましたが、子供たちから質問がほとんど出されなかった件について、「授業者側で質問を準備し子供たちに配布した方が良かったのではないか」といった意見等が出されていました。

また、この夏に行われた「模擬裁判選手権」について福井県下の学校にも参加を促し、「福井県予選」をしてはどうかといった意見も出されました。

***
今日は本学附属小学校での実習生の授業を拝見した後で、そういえば、大阪出張でした。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-19 07:22 | 研究のこと | Comments(0)

敬老の日。

昨日は敬老の日。敬老の日に「考えさせられた記事」。
「天声人語」(朝日新聞9月17日)からの一部抜粋です。

***
米国勤務から戻って間もないころ、エレベーターの中で舌打ちされたことがある。乗って行き先のボタンを押し、そのまま立っていた。すると、若い背広姿が「チェッ」と言いながら、脇から腕をぐいと伸ばして扉を閉じるボタンを押した。

 米国では、ボタンを押さずに扉が閉まるのを待つ。それに慣れていたのだが、ここは日本でした。人が降りたときも、誰かがすぐさま「閉」を押す。「時間の無駄」と言わんばかり。待っても2、3秒だろうに、どうもせっかちである。

 バスの中で高齢者が転ぶ事故が増えている、と聞いた。お年寄りは動作が遅い。迷惑をかけるのを案じ、止まる前に席を立つ。あげくに転ぶ例が多いと国土交通省は説明する。もたつくのを責める冷ややかな空気が、この国には濃いようだ。

~以下、略

***
「天声人語」はコンパクトにまとまった、また世相を反映した記事。いつも拝読しているのですが、昨日の記事はどきっとしましたね。そういえば、私も「閉」を押してしまうから。

ただし高齢者に対するリスペクトは忘れてはいけないですね。肝に銘じないと。

皆さんはいかがですか。

なお、「天声人語」の続きは、以下のホームページで参照できます。

http://www.asahi.com/paper/column20070917.html
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-09-18 09:17 | 雑記 | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧