<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

全国社会科教育学会兵庫大会一日目

先週金曜日午後から、見出しの学会に出席するために兵庫教育大学に伺いました。

金曜日は社会認識教育学会の懇親会。西脇ロイヤルホテルで開催されました。今年は、上田薫先生を囲む会としての開催。上田薫先生は、初志の会を長く率いてこられた、日本社会科教育界の「重鎮」。昭和20年代の初期社会科の発足に携わってこられた先生。私は金曜日午後の「上田薫先生からのヒアリング」には参加出来ませんでしたが。お元気そうでした。

土曜日は、全社学研究大会1日目。午前中は自由研究発表を聞いて回りました。特に「教科書研究」の発表は秀逸でした。私の講義で使うことになりそうです。午後はシンポジウム。前日飲み過ぎたせいで、少し休憩時間を長く取りましたが(苦笑)。途中から参加。あまりかみ合っていない議論。またK先生の理論に対する「批判的な意見」がありました。

***
兵庫教育大学は、「陸の孤島」といっても良い場所にあります。あの不便な場所で開催したのに予想以上の多くの参加者があったと思います。盛会だったと言っても良いでしょう(400名近い参加者だったようです)。岩田一彦会長の「停年」という節目の年ということもあり、兵教大で開催された訳です。全国にいる岩田ゼミ出身者が集っていましたね。岩田ゼミ出身者は優秀な先生が多いですよ。

***
さて今日はこれから大阪に出張。松原市中央小学校で開催される「三中校区授業研究会」に参加し助言するため。中央小学校が位置する松原市第三中学校の校区に位置する幼小中の先生方がほぼすべて参加される研究会です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-30 08:59 | 研究のこと | Comments(1)

私の足:自転車

ロハスな生活を送っている?橋本です。

おはようございます。

私の足は、自転車。よくご存じの方もおられると思いますが。
車は実家にすでに戻しています。

「雪国」に暮らすのに、とても不便でしょ・・・とよく言われるのですが。
2年間、特に「問題」に感じることもなく。

大学から宿舎まで「徒歩圏内」(といったも30分はかかりますが)という
のも「不自由さ」を感じない理由でしょうか。

***
その自転車。こちらに来て4年目になるのですが、私自身が「整備」していないこともあり、
よく「故障」するんです。

実は今日も大学に来る途中にチェーンが外れてしまいました。

まあでも車を持つよりは、お金もかからず。車がどうしても入り用な時はタクシーを使えば良いですからね。

***
明日から学会。今日は午後から兵庫教育大学へ移動です。さて発表資料を午前中印刷しなくては。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-26 07:19 | 興味津々なこと | Comments(3)

全国社会科教育学会兵庫大会・課題研究②

今週末土曜日と日曜日は見出しの学会。全社学と社会系学会の合同大会が兵庫教育大学で開催されます。

金曜日は、「初期社会科の哲学」と題して、「初期社会科発足の中心人物」である上田薫先生のご講演もあり、土曜日・日曜日の自由研究発表者数も100前後と例年になく充実した学会となりそうです。

私は日曜日の午前に課題研究があたっており、その準備で今週はどたばた。
ようやく少し出口の光が見えてきましたが、明日には印刷しないといけないので、今日がレジュメ作成の最終日となります(今週、ブログ更新が滞ったのはこれが理由です)。

「民主主義社会形成」を目指す公民授業の創造 と題した発表では、民主主義社会の「直接形成」を目的とした法的社会参画学習(通常の社会参加学習とは異なる)のうち、紛争(トラブル)解決学習を取り上げ、この学習形態がルール形成学習となっていること、ルール形成学習は「討議民主主義」の基で、公共的な価値(すべての人が議論の基盤とする)である憲法の人権規定を用いて行われる子供たちの学習活動と位置づけ、その実際として公民科現代社会「野球特待生制度の是非」を取り上げます。

まだ煮詰まっていない点がありますが、会議の合間を見て頑張って作成します。

***
明日金曜日は講義の後で、「抜けられない」会議が入った関係で、上田薫先生の講演は聴けそうにありません。残念ですね。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-25 09:07 | 研究のこと | Comments(0)

棚橋科研

昨日は、広島大学の棚橋健治先生を代表とする科研の会議が大阪でありました。
広島大学の4名の先生と北海道・東北、関東、中部、近畿、四国、九州各地域毎各1名の大学教官、合計10名で構成されるこの会議。

IEAが世界各国で実施している「市民性調査」について、その内容を吟味し、日本でも実施しようというもの。その結果を国際比較するという研究です。

昨日の会議では、「調査」の内容を精査し、具体的な「調査用紙」の作成を行いました。

日本では、読解力調査は行われていますが、「市民性調査」はこれまで行われていないですから。結果がどのようになるのか。またその結果の要旨はこのブログで示したいと思っています。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-21 17:50 | 雑記 | Comments(0)

福井県教員採用試験結果(2007)

過日、見出しの結果が発表になりました。

全体で90名強の合格者数。例年100名は超えていたので、いつもの年よりも少ない、倍率約10倍の難関でした。福井大学の卒業生・卒業見込み者は30名程度の合格者だったようです。

社会系では、残念ながら最終合格者は出なかったようです。ただ、卒業生で私も授業を受け持ったことがある現在講師をされている方(Sさん)が合格したと伺いました。

今年は愛知県の採用試験に合格している一人がいますので、社会系で来年教職に採用されるのはお一人。後の方は、講師をしながら、来年二次試験合格に向けて頑張ることになりそうです。

***
本日は教育大学協会の研究集会が本学で開催されます。私は大阪で会議があるので、途中まで集会に参加し、出張に出ます。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-20 08:50 | 教育のこと | Comments(3)

福井県立丸岡高校・入試説明会

昨日、見出しの学校に、入試説明に伺いました。

同校は、サッカー部が有名で、全国大会でも上位にきたことがある学校。かの国見高校にも勝利したことがあるようです。

昨日は、入試課の担当者から入試概要について説明があった後で、約1時間の割り当てで教育地域科学部の説明をしました。

パワーポイントは用意されていましたが、それぞれのコース・サブコースの「アドミッション・ポリシー」を利用して各コース・サブコースの先生方の様子もふまえて具体的にそれぞれで学ぶこと・取得できる免許・就職状況、学部全体のコンセプトについてお話ししました。

他の学校を回る先生方は、学部説明の時間が20分~40分程度なのですが、丸岡や一部高校だけ1時間。

1時間も話ができるか少し心配していましたが、色々話をしていたらあっという間でした。丁寧に説明したつもりですので、本学部のことをよくわかっていただけたかなと思っています。

***
今日は、1コマ目講義。会議を挟んで、大阪・阿武野中学校のT先生が来学されました。来月行う行事の打ち合わせです。わざわざ遠方からご苦労様でした。そして、私にもご苦労様と言いたい(苦笑)。今週は8つの講義(もちろん準備もあります)に、4つの会議。大阪出張に、先述の丸岡高校出張、来客、突然の「打ち合わせ」、締め切り原稿等々、本当にどたばたでした。明日は、科研の打ち合わせで大阪へ。学会準備はいつになったらできるのでしょうか(苦笑)。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-19 18:40 | 教育のこと | Comments(0)

優れた社会科授業の基盤・・・

過日、『優れた社会科授業の基盤研究』が全社学編集で刊行されました。

「基盤研究」は2分冊で、小学校版と中・高校版に分かれます。

全社学の論叢を市販化したもので、概念探究型の授業が多く掲載されています。

小学校版は、本学の学部生対象の講義「社会教材研究」の教科書にしました。

社会科コースに所属する学生さんは、中学校や高校の免許でも、私や寺尾先生の講義を受講するのですが、社会科以外に所属する学生さんの場合、社会に関する教科教育の講義は「社会教材研究」だけ。

「社会」の授業の優れた指導案を少しでも見てもらう必要もありますし、今後小学校教諭になった後にも使えますから。

中・高校版は、公民と地歴、また中学校も一緒になっているので、これがせめて、中学校と高校がさらに分冊なら、大学の教科書として使いやすかったですね。

とりあえず、小学校版を教科書として使ってみて、中・高校版は大学院か必修でない専門科目で使うことにしようと思っています。

***
今日は午前中講義やら、会議。これから、福井県立丸岡高校で入試説明を行うため出かけます。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-18 14:15 | 教育のこと | Comments(0)

亀田一家。

もう話題としては古いかもしれませんが(苦笑)、亀田大毅さんの試合は最後12Rだけ拝見しました。

そう、あの「レスリング」並みの反則があったラウンドです。

そもそもボクシングは「興業」の側面が大きいし、試合前の「不良キャラ」は作られている要素もあると思います。

ただあの反則はいただけないですし、そもそもセコンド陣の反則を促す「発言」はもっといただけない。

処分は出ましたが、世間では「妥当」「甘い」といった評価があるようですが。

相撲界の朝青龍問題や今回の亀田問題もそうですが、「拝金第一主義」といった発想が根底にあるのでしょうかね。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-17 08:19 | 雑記 | Comments(0)

社会教材研究

昨日ようやく1回目の講義がありました。

月曜日は創立記念日や祝日でずっと講義がありませんでしたので。

昨年度から月曜日5コマ目に固定されたこの講義。前期には寺尾先生の同名講義がありますので、どちらを履修しても良いのですが、

なぜか、私の方に学生さんが集中します(おそらく寺尾先生の講義時間帯には別の必修講義が設定されていると思われます)。今年は100名弱。昨年度も同じ位の学生数でした。

この講義、前半は指導要領の内容や「良い授業」といわれる指導案の分析などを行い、後半は授業づくりになります。

さすがにこれだけ人数が多いと、全ての班の指導案に目をいき届けさせるには困難な作業が伴います。

来年は、カリキュラム改革もあるので、少し人数的なバランスに配慮してもらうような施策を考えてもらわないと、と思っています。

昨日は「社会科で育成すべき学力」について皆さんに考えてもらい、各班毎で議論し発表してもらいました。

***
今日は講義を終えた後で、「大阪の仕事」があり、出張です。全社学の準備が遅々として進みません。これまでにない「非常事態」かも(苦笑)。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-16 10:04 | 教育のこと | Comments(3)

Socio Express

見出しの「書籍」は、教科書会社の教育出版から年数回出されている中学校社会科教員向けの無料配布誌。

2007年の秋号に、拙著の論考が掲載されています。

「社会参加型学習の理論と方法」(p.8-9.)

学習目標を①社会制度・システムへの「適応」とするのか②社会制度・システムの「変革」とするのか、また学習方法を③擬似的に活動に関わるのか、④実際的に活動に関わるのかについて、それぞれを組み合わせることで、4通りの社会参加型学習が作り出されるとした内容です。

詳しくは、http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/index.html(なおまだホームページには掲載されていません)。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-10-14 08:48 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧