<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

教育実践研究Ⅱ(模擬授業3回目)

本日、模擬授業3回目が行われました。
今回は小学校3年生を対象とした、スーパーマーケットの授業。
スーパーマーケットを事前に訪問し、様々な調査活動をしたことを踏まえ、この授業では、スーパー側の工夫のうち、たとえば「牛乳のように賞味期限が早いものをなるべく前に出す」といったことや、「夕刻以降は半額シールが貼られる場合がある」といったことに焦点を絞り、「そのようなことをスーパー側が行うのはなぜなのか」を、子どもたちに説明していくような授業でした。

「①店側が少しでも儲けたい」「②効率よく商品を売りたい」といったことを子どもに理解させたかったというのが授業のねらいです。

模擬授業を聞いていた学生さんからは、「ワークシートがしっかり作られていた」「牛乳が並べられていた写真を掲示したのは効果的だ」「授業のねらいがはっきりしている」といった肯定的な意見が多く出される一方で、「説明が多い」「賞味期限と言う言葉を子どもは知らない(知らない子もいるはずだ)。たとえば、『明日で飲めなくなる牛乳』と、『1週間近く飲める牛乳』、それぞれの値段は50円と100円・・・といった具合に賞味期限と言う言葉を知らない子どもにも対応できるように教材を作る必要があること、そして、その『どちらが欲しいか』と問い、子どもに考えさせるといった思考場面があった方が良い」といった意見等が出されました。

この授業の元ネタは、私が社会教材研究の講義で見せた「スーパーマーケットのひみつ」の授業で、授業者なりにこの授業を修正したものでした。私が見せた授業は、今回のように2つの店側の工夫だけでなく、「他の物をたくさん買った人には卵が1個1円で売られる工夫」の合計3つを取り上げて、その理由を子どもたちに問いながら考えさせ、教師がまとめていく授業。テンポ良く、説明型ではありますが、子どもたちに教えたいエッセンスがよく伝わる授業でした。今回の授業は2つに絞って説明が多い授業でした。

私からは「以前講義で見せた授業のままであること(新しいネタがないこと)」、「授業者自体がスーパーに実際に行って調べてきたのかということ」、「ある小学校の先生が子どもを引率して連れて行った大型スーパーマーケットで子どもが見つけてきた『工夫』には『有機野菜が他の野菜よりも値段が高いけど、売られていること』『牛乳だけでも10種類以上売られていたこと』『それぞれの牛乳は同じ牛乳なのに値段が違うこと、自社製の牛乳は割安であること』『大きな駐車場があること』『アミューズメントパークと一体化していること』等々を見つけてきている。これら子どもが見つけてきた、気付いたこと、あなたたちが見つけてきたこと等を使いながら、授業ビデオに示されるものだけでなく、新しい教材で授業を展開していく必要があること(少しでも内容を改めて進歩した授業にすること)、そもそも前述①のねらいを達成するためにお客さんを集客しようとしている、①と②を授業のねらいとするなら、子どもたちが見つけてきたことも授業に組み入れることも出来るのではないか」等を指摘しました。

今回で模擬授業は終わり。小学校組、中学校組それぞれ、実際に教育実習を経験することで、少しでも成長してくれればと思っています。今日来ていた4年生はさすがに成長を感じさせてくれました。そのことが彼らのコメントからよく伝わりましたから。


b0091443_16562753.jpg

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-26 16:56 | 教育のこと | Comments(0)

日本公民教育学会第20回大会。

先週末、水戸市にある茨城大学へ。

日本公民教育学会第20回大会で自由研究発表を行うため。タイトルは以下の通り。

「社会的価値を扱う社会科授業構成」

新学習指導要領公民科「現代社会」の最初の項目でも「幸福」「公正」「正義」といった
価値的知識が取り上げられたのは周知だと思いますが、これまで価値を排除してきた
社会科(正確には科学主義社会科ですが)がある中で、価値を扱う社会科授業のあり方に
ついて社会科教育論的に考察を行いました。

「認識としての社会的価値」「方法としての社会的価値」に関わる社会科授業構成(論)を示し、
それぞれの授業(カリキュラム)構成の特徴と課題を説明しました。

また「方法としての社会的価値」に取り上げる「望ましい」授業として、
「性犯罪者のプライバシー問題」を挙げ、問題解決の方向性を議論する中で議論の構造に社会的価値の葛藤が含有することが重要である、と論じました。

発表の中でも言及しましたが、今回は社会科教育論的な発表でした。
同じ価値を見る時でも、経済や法、政治ではその見方は異なる(認識対象としての価値的知識は異なる)。その点を考察し整理する必要があります。課題が残る発表でした。

私が発表した部会は「法教育」の部会。多い時で広い教室の全ての席が埋まる程、ざっと数えて70名位?でしたし、常時20名程度は「聴衆」がおられました。他の部会(「聴衆」が5人とかの部会もありましたが)に比べると多かった。「法教育」、注目されているんですねえ。

今回の学会は参会者が200名ほど。例年よりも多かったと思います。大会事務局のK先生に伺ったところ、Y国立大学の学生さんがたくさん参会されていたようです。旧知のT学芸大学の学生さんもおられましたし、学会に学部生の時から参加し勉強しようといった心構えを持つ人が増えたのですね。私が学部時代の時とはだいぶ意識が違います(汗)。とても感心しました。

****************************
学会の翌日は、水戸市にある「弘道館」や「偕楽園」など、水戸徳川家に関わる名所を散策しようと考えていたのですが、残念ながら大雨。散策は取りやめ、名物の「水戸の梅」「吉原殿中」を購入し、水戸を後にしました。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-25 07:53 | 研究のこと | Comments(1)

福井県市町選挙団体連合会・講演会。

本日先ほど、「学校教育における有権者教育の現状と課題」と題する講演を行ってきました。
選挙管理委員会の方を中心に60名の参加者。

日本の小・中・高校で有権者教育がどのように捉えられているのか、指導要領レベルと
教科書レベルについてお話しし、諸外国のうち、ドイツとアメリカの事例を取り上げて、
それぞれの特徴を説明しました。ドイツの場合は、社会問題・政治問題を取り上げての
批判的学習を事例として、アメリカの場合は、政治参加学習のうち、以前ミネアポリス・セントポール
で拝見した学校外での政治活動の様子を事例に、写真を入れつつお話をしました。
また、日本での有権者教育の先進的取り組みの紹介をした後で、最後に、日本で今後どのような有権者教育が必要になるのか、自説を述べ終わりました。

結構準備時間をとられました。
「法教育」の話はこれまでたくさんしているのですが、「政治教育」は初めてでしたので。
最後にわざわざ質問に来られる熱心な方もおられました。

そういえば、福井県の選管の方は、「出前授業」を結構こなしているんですよねえ。
先日、光明中学校での「出前授業」の様子をニュースで拝見しました。

これから色々取り組みを考えていくようです。
微力ながら力になれればと思っています。

*****************************
今週末は日本公民教育学会、学会発表の準備、、、、大変です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-17 17:26 | 研究のこと | Comments(0)

蒸し暑い毎日。

北陸は既に梅雨入り。

今日は天気は良いのですが、とても蒸し暑い。

研究室の冷房も、これまでのように「飛ぶ」こともなく
現在のところ快適です。

来週は日本公民教育学会で発表を控えているのですが、
その前に県選挙管理委員会で「選挙講演」を行わなければならず、
その準備が先。学会準備はままならず、少し焦り気味です。

あ、そういえば、私も執筆した『公民教育事典』が第一学習社より
発売されるようです。6月20日出版予定だそうですので、
ご興味のある方は購入されてはいかがでしょうか。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-13 16:26 | 教育のこと | Comments(0)

福井大学教育地域科学部附属中学校研究集会(2009)。

一昨日、見出しの会が開催されました。
本年度の社会科研究授業のテーマは二つ。

■「江戸時代の人口が、前半は急増したのに後半は停滞したのはなぜか」
■「裁判員導入で日本の裁判制度は『身近』になるのか」

前者については「江戸時代前半に急増した理由」と「後半に停滞した理由」を思考回路図を元に各班毎に整理したものを、「ジグソー班(学習班とは異なり、各班1名から構成される)」の中で、それぞれの班が考えた理由を提供し、その理由に対する疑問点を他の班から出ている生徒から出させる作業を本時で行いました。

前半急増した理由は「戦国時代と比べて平和で安定した時代になった」「農業の発達など食料生産が増加した」といった「仮説」以外にも、「貨幣経済の浸透が経済活動を活発化させ、生活環境が改善された」といった「仮説」から餓死者数の減少を引き出したり、「新田開発」によるコメの生産量増加と関連させて、餓死者数の減少を引き出したり、それぞれが教科書や資料集等の資料を駆使して思考回路図を作成していました。

後半停滞した理由については「ききん・人口の増加で食料が不足した」「改革で年貢が厳しくなったため農民の生活が苦しくなった(ので子どもを作ろうとしなかった)」「人口の増えすぎで食糧不足になり、また貧農の増加もあり、世の中が混乱したため子どもをつくろうとした人が減った」等や、「非婚化・晩婚化が人口を低下させた」といったことを挙げていた生徒がいました。

後半停滞した理由については、先生が独自に集めてきた資料・教材を読み解いて主張を生徒自身が作り上げます。

前述の課題については、当時の歴史的背景(思想)や政治や経済の構造などを踏まえた上で考察しないと、なかなか上記の問いに対する答えは導き出せそうにありません。子どもにもわかりやすい(「現代的な解釈で回答可能な」)「非婚化・晩婚化による人口減少」にひっぱられる生徒がいたことからもよくわかるかと思います。

やはり先生の方で教材研究した結果、出てきた回答を比較検討する中で、どの回答が一番の理由なのかを考えてみるとか、焦点を絞る工夫が必要だったと思います(いつも本学の研究集会で言うことなのですが)。

今回、担当されたT先生は教材研究の中で、「非婚化・晩婚化」以外にも「都市化」「ききん」「人口急増に対してシステムが追いつかなかった」など想定される回答を見つけ出しておられました。これらを生徒の全面に出してみてはどうでしょうか、ということです。

しかし、こんな難しい問いに対してその回答を粘り強く考えていた本学附属の生徒は大したものだと思いました(「非婚化・晩婚化」の資料は専門書のコピーですよ)。

☆☆☆☆☆

後者については、これまで「現代の裁判制度にはどのような問題や課題があるのだろうか」について新聞記事を読みながら、また教科書・資料集を見ながら、その課題を生徒がいくつか挙げています。

「裁判の長期化」「裁判費用の高額化」「えん罪の発生可能性」「裁判官等の多忙か」「量刑の問題(国民の意識・被害者意識との差)等。

これらをダイヤモンドランキングをする中で「重要」な順番をつけていく。
子どもたちは「えん罪の発生可能性」が「重要」と位置づけていました。

次に「模擬裁判員裁判」を行う中で、「現代の裁判制度に関する解決できる課題や問題点」を探り、本時になります。

本時では、模擬裁判員裁判の経験をまず生徒が語ります。

「証言台に立ってみると、緊張感が高まる。証言内容を間違えると偽証罪に問われる。記憶間違いのことをうっかり話してしまいそうだ」「裁判員を経験したが、被告人に感情移入してしまいそうで、公平な判断ができるか、不安だ」「有罪・無罪を判断することの難しさを痛感した」「素人が入ることが重要だと思った」といった回答が出される。

そしてその後で、裁判員制度の良い点・悪い点を考えた後で、裁判員制度の導入で解決できる課題は何かなどについて、子どもたちが整理するといった段階に移ります。

生徒は解決できる課題を「裁判の長期化」だけとする班が多く、たとえば「えん罪の発生可能性」にする班は皆無でした。

最後のN弁護士から「どういった刑事裁判になればよいのか、そもそもそれを考えて欲しい」といったことが提示され、次回の授業につながっていきます。N弁護士の当日の感想は、過日記したブログ「福井法教育研究会(200905)」のコメント欄に示されていますので、ご参照下さい。また、模擬裁判員裁判の際、授業に関わったI弁護士のコメントもありますので、あわせてご覧下さい。

そもそも裁判員制度導入の背景にある考え方・「原則」は「少数の人の目よりも多数の人の目で見る方が公平な裁判を遂行できる」「その多数の目は、専門家よりも素人、様々な経験を持った人たちがその経験を元に判断することが公平な裁判につながる」といったこと。この二つの「原則」があります。

たとえば、この二つの「原則」に照らし、今の裁判制度(裁判員制度)がこの原則を最大限実現できる体制になっているのかを批判することも可能ですが(私の考える、授業構成論で言う、「批判型」で授業を作ることもできます)、その前提として、この二つの「原則」に「納得」してもらう必要がある。

「納得」していれば、「えん罪の発生可能性」を「解決できる課題」とする班もあったのではないでしょうか。「素人が裁判に入ることが重要だ」と発言した生徒も言葉面では説明しても、本当に素人が裁判に入ることの大切さを「納得」してないんだなあと感じました。

批評会では、前者の授業での「子どもの学びの筋」について中心に検討されました。後者の授業については、「結局模擬裁判員裁判で子どもたちが感じたことを繰り返し行っているだけではないか」「身近になるの、『身近』とはどういうことか、を問う方法もあったのではないか」といった趣旨の発言もありました。

私の方からは、前者の授業については前述したことを述べ、後者については、昨年行った大阪府教育センターの研修を引き合いに出し、「模擬裁判員裁判を大人(教員)が経験することで始めて、一つの事実認定に対しても多様な見方を知ることが出来たし、これなら自分たちでもできる。そして、裁判を公平に行うためには、裁判官だけよりも我々大人が入った方が良いことがわかった」とおっしゃっておられた方が多かった。今回の模擬裁判員裁判のシナリオで、前述のようなことを子どもたちが感じることができたのかどうか、それを感じることができれば、裁判員制度導入の二つの原則を「納得」できたかもしれない。模擬裁判員裁判の裁判員用のシナリオも必要なのかもしれない。といった趣旨で発言をしました。

今回も多くのことを学ぶことが出来ました。二人の授業者、T先生とM先生に感謝致します。
そして、M先生の授業作成や実施に関わったN弁護士、I弁護士、G弁護士、ご苦労様でした。

*****************************
明日は東京出張。M図書出版でH部長と話をしてきます。出版予定の書籍原稿がほぼ整理できましたので・・・
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-07 16:01 | 研究のこと | Comments(0)

松原市中央小学校授業研究会(2009)。

過日、見出しの会が開催され、助言に行ってきました。

ちょうど松原市は前日市長選挙があり、中央小学校区に住んでおられ同小学校にお子さんを通わせておられる、私と同じ年の方が市長に当選されました。松原市は市立病院に関係する市長リコールもあったようで、「権威」の立場に立つ人の評価が実際に行われていたということです。

今回はその「権威」に関する6年生の授業。「やりすぎ班長登場!どうしよう!?」というテーマで授業が展開されました。

授業では班長の持つ役割・権限として以下が想定されています。

■班長が、班の仕事を進んでする。
■班で何かを決めるとき、最終決定は班長が決める。

この二つの権限を持つ班長は、「みんな」の投票で決められます。

しかし、「みんな」の投票で決められた、ある班長が班で行う仕事を全部率先してやるばかりでなく、班行動で行う事柄全て班長が決めてしまっている。子どもたちが楽しみにしている遠足の班行動も全て班長が決めているといった状況があり、その状況に子どもたちが「うんざり」しているといった様子が描き出されます。

結局、その「やりすぎ班長」を作られないようにしないといけない。そのためにはルール改正(班長の持つ役割・権限の改正)が必要ではないか。では、どうルール改正すればよいのか。を子どもに問うといった授業展開です。

子どもたちからは、班長が持つ新しい役割として、仕事分担については「班員全員が協力する」「みんなの意見を聞いて役割を決める」「班長は分担している仕事をしていない人に対して注意をする」等が提示されました。また、「最終決定の権限」については、「多数決にするべきだ」「みんなが納得するように決めるべきだ」「班員全員で決めるべきだ」といった意見が提示されました。

批評会では、今回から参会された、大阪弁護士会のM弁護士から「班長が率先して仕事をこなすこと自体は、班長以外の子どもにとっては有り難いことなのではないか。また、遠足の遊びを班長が独自で決めるだけでは権限のルール改正をするに至る状況設定としては十分ではない。たとえば、班員の行動を妨げる、班員の自由な行動を制限するといった状況設定が必要ではないか」といった意見や、「権威としての班長について、班長の権限に問題があるのなら、権限に関するルール改正は必要になる。そのルール改正を受けても、班長が『やり過ぎる』のなら、今度はリコールになる」といった指摘も出されました。これらの意見に対して授業者からは「あんまり『やり過ぎ』班長にすると、リコールが子どもたちから提案されることを危惧した」といったことが回答されました。

私の方からは、二つの役割ではなく、後半の役割だけを持ちだして、子どもが「多数決で決めればよい」と反応した時に、「何でも多数決で決めて良いのですか」と回答することで、「多数決の意義と限界」について学ばせる方法もあるし、子どもたちからの反応を受けて切り返しながら授業を進める方法もあったのではないかと助言しました。

年々進化している、中央小学校の実践。今後も楽しみにしています。

*****************************
今日は附属中学校の研究集会です。これから指導助言に伺います。たまった仕事がなかなかこなせないでいます。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-05 08:15 | 教育のこと | Comments(0)

福井法教育研究会(200905)

過日、見出しの会が開催されました。

今回は今週行われる附属中学校研究大会で実施する、単元名「裁判員制度導入で日本の裁判制度は『身近なもの』になるのか」のうちの、まとめの授業「裁判員制度導入で解決できる課題を考える」の展開についての検討。また、同単元で行い、研究授業前に実施する「裁判員制度導入で、解決できる課題や問題点はあるのか?」を解明するための一環として行う「模擬裁判員裁判」についての打ち合わせが主たる議題でした。

まず授業者であるM先生から、現在の授業進度と「子どもの反応」について説明がありました。子どもたちは、現在の裁判制度の課題について調べる中で、「えん罪の発生の可能性」「量刑の問題(被害者意識との差・国民との差)」「凶悪事件の増加」「犯罪報道におけるプライバシーの問題」「裁判費用の高額化」などを挙げており、そのうちでも「裁判費用の高額化」を重視しているとの報告でした。

会ではそもそも「裁判費用の高額化」について、「何を根拠に子どもたちはそのようなことを考えているのか、制度は年々刻々と変わっており、国選弁護人の制度以外にも、少額での裁判実施も可能になるしくみが整えられているはずだ!」との意見。子どもはイメージ先行で考えを表明しているようで、この後の授業展開に「不安」を持ちました。子どもたちの考え(イメージ)を事実に基づく考えに作り替えていく必要性も指摘されました。

この場合、特に焦点を当てるべきは(「模擬裁判員裁判」以降の展開を考えれば)、「えん罪の発生の可能性」「量刑の問題」だと思うので、その点に絞って議論を進めるべきこと等も意見として出されました。

「模擬裁判員裁判」についてはI弁護士が参加し、進めていくこと。この「模擬裁判員裁判」を踏まえ、研究授業が展開されます。I先生の役割はかなり重要です(笑)。

***************************************
本学附属の研究大会は、今週金曜日開催されます。

http://www.f-edu.fukui-u.ac.jp/~fuzoku-j/

社会科で行うのは2つの授業。

一つは、先述した公民的分野の授業、もう一つは、T先生による「人口を通して近世の日本の特色を探る」です。T先生の授業は教材研究がしっかりされているのですが、その研究成果をどう子どもたちがまとめ整理するのかが課題になってきそうです。そのためにはT先生が示すMQの答えをT先生ご自身が持っておく必要がある。ということに他なりません(当たり前のことですが)。T先生の授業の詳細や、M先生の授業結果については後日ブログにアップします。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-06-02 11:13 | 研究のこと | Comments(2)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧