<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

共同実践プロジェクト・附属小学校授業実践①(2009)

昨日・一昨日と、大学院授業「共同実践プロジェクト」の「問題解決リテラシー群」で作成した授業を附属小学校で実践にかけました。

この講義は大学院の「目玉」として昨年度から導入されたもの。「読解リテラシー群」「科学リテラシー群」「数学リテラシー群」など様々な領域に院生が所属し、M1の段階では各リテラシーについての理解を深め、M2になって最終的に各自が授業開発できるようになることを狙いとしている必修科目です。

私は「問題解決リテラシー群」と「21世紀社会科群」に所属しており、「問題解決リテラシー群」は理科、数学、家庭科といった教科横断で授業担当者が割り振られています。

この群に所属しているM2、M1とも現在各6名。所属院生も教科横断型です。
また授業づくりを行うM2は「小学校組」「中学校組」に分かれています。

今回「問題解決リテラシー群・小学校組」の共通テーマは「ごみ問題」。「ごみ問題」を家庭科アプローチ、算数アプローチ、社会科アプローチで指導案を作成し、昨日・一昨日は家庭科アプローチによる授業。

このプロジェクトでは、それぞれの教科に、

□算数は「ごみ問題」の実情を把握する、そして問題意識を高める役割
□家庭科は、「ごみ問題」について自分たちは何ができるのか、考察する役割
□社会科は「ごみ問題」について社会として何ができるのか、考察する役割

を振り分けて、その基本コンセプトに沿って6年生向けの授業を院生が作成しました(もちろん教員が指導していますが)。前期では、模擬授業までを行い、後期に「本番」を迎えた次第です。

この流れに沿えば、本来なら算数が最初に行われる必要があるのですが、担当者が授業当日別の講義と重なった関係で、急遽家庭科スタート、そして算数、社会科の流れになりました。

家庭科担当のMさんは授業がとてもやりづらかったのではと思います。
ですが、上記の役割を果たすべく、「ごみ問題」を自分たちの問題と考えさせるために、「ごみって何?」「机の中にあるいらなくなったものには何がある?」「自分たちがごみを減らすためのアイデアは何?」といった流れで授業を組織していました。

色々反省点も見えてきましたので、今後指導案の修正作業に入ることになります。来週は算数・社会科です。引き続き頑張りましょう。

b0091443_1256405.jpg

b0091443_12563740.jpg


*****************************
今日先ほど、NHKの取材が入りました。福井でも近々始まる「裁判員裁判」についてのインタビューです。「法教育」の話であれば何とでもなるのですが・・・。30分以上カメラの前でしゃべっていたので疲れました。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-30 12:59 | 教育のこと | Comments(0)

全国青年司法書士会全国研修会(2009)

過日、見出しの研修会のうち、「分科会 法教育の歩む『みち』」に参加し、講演・パネルディスカッションを行いました。

久しぶりの仙台。5年ぶりくらいだと思います。
今月就航したIBEXの小型ジェット機にて小松から仙台へ。

b0091443_133135.jpg


仙台空港から仙台市内へは、列車で。これも以前はなかったのですが。
最近できたのでしょうか。ただ30分に1本は不便ですねえ。

当日午後に分科会に参加。
私の講演は、新学習指導要領における法教育の展開について、小・中・高校での学習の在り方を説明しました。また特に「私法教育」についての記述を示しながら、高校での展開可能性について紹介しました。
質問としては「『垂直関係』よりも市民対市民といった『水平関係』の記述が指導要領上は弱いのではないか(指導要領上からは読み取りにくい)」「小学校3・4年生の学習は、『自分たちで作ったのだから守らないといけない』といった発想が強調される危険性があるのではないか」「法教育が具体的にどの程度の時間配当になりそうなのか」等といった趣旨の内容が出されました。

パネルディスカッションでは、司法書士が行う法教育の取り組みとして宮城県の中学校教員Y先生より「消費者教育でおこなう『人権教育』」の内容が例示され、また司法書士会の「法教育委員長」I先生からこれまでの司法書士会の取り組みが説明され、それらの内容などに基づいて議論が深められました。

色んな意見が出されましたが、そのうち私の中で印象に残っているものは「指導要領における私法教育と、これまでの司法書士会が取り組んできた『消費者教育としての法教育』は別に考えていけば良いのでは?」といった趣旨のものです。これから展開される「指導要領における私法教育」についても展開の在り方を司法書士会で考えつつ、従来行ってきた「消費者教育としての法教育」も発展させるといった「二元体制」で考えようといったことと受け取りました。それで良いのでは・・・と感じています。

また会で言い忘れましたが、公民学習は無味乾燥な学習に陥りやすく、子どもたちから敬遠される可能性を常に持っているものだと思います。特に法の学習は、やりようによっては子どもたちにとっては面白くない。司法書士の先生方が持ち合わせておられる様々な「ケース」をうまく授業に生かすことで、学習に「命」を吹き込み、子どもたちにとっても「面白い」ものに作ることが可能になります。パネルでI先生が紹介された法務省の私法教材だってやりようによっては(あのままやっては)、子どもたちにとって見れば「面白く」ないですよ。あの指導案に「肉付け」「味付け」することで、内容がより充実したものになります。その「肉」や「味」が司法書士の先生方が持ち合わせている「ケース」だと思います。今後の司法書士会による法教育の新展開を楽しみにしています。

分科会の後、懇親会に参加。これまでで初めてです。こんなに盛大な懇親会。屋台には「利休の牛タン」もありました。おいしく名産品を頂きました。

翌日、少し観光を。東北本線・国府多賀城駅そばにある歴史博物館を巡った後で、塩竃へ。この険しい?階段をのぼり塩竃神社に参詣した後、船でゆらりと松島観光。のんびりした時間を過ごしました。夕方には同じ小型ジェット機で小松へ。無事福井に戻りました。

b0091443_13314232.jpg

b0091443_13315610.jpg

b0091443_13321260.jpg

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-28 13:20 | 教育のこと | Comments(0)

教育実習・附属小学校一斉授業(2009)

「小学校組」も昨日で実習修了。今年の社会系の「小学校組」は5名。

今年の研究授業は社会科でなかったので、参加せず。一斉授業日に社会系学生の授業を拝見しました。

拝見できたのは全部で3つ。他2つは附属中学校の研究授業などと重なって見ることができませんでした。

一つ一つの授業の評価はしませんが、「小学校組」は全般に授業づくりに苦労していました。

特に中学年の授業づくりは、悩みがつきなかったよう。
彼らからすれば中学年の子どもの思考は掴みにくく、授業の問い立てに苦労していました。

高学年の授業を拝見すると、子どもの思考の流れは事前にある程度?想定可能あったのでしょうか。面白い教材や偽?ゲストティーチャーを招いての授業など、授業の工夫をする中で、一つの授業展開が出来ていたようでしたが。。

いつも思うことですが、小学校の社会科授業の在り方自体(子どもが調べ、考え、発表し、教師がまとめる)が、実習生にとっては授業を行うのが難しいのでしょう。「調べる」場合も工夫が必要で、「大雑把」な問いで子どもたちに調べさせると、後々の展開で収拾がつかなくなります。「考え・発表する」のも、子どものレベルで這い回り、そのために「まとめる」のも、教師が子どものレベルで這い回る。。。以前アメリカで拝見した小学校4年生の社会科授業(地理の授業)が私の「理想」なので。この学習形態自体が社会認識を深めるという社会科の目標をゆがめているように思います。ただそうは言っても、現場で慣れ親しんだ学習形態ですからねえ。

そういえば、『社会科教育』10月号は、「調査→思考→表現 パターン授業の脱出法」という特集が組まれています。面白かったですよ。ご興味のある方は是非(もちろん研究室にありますので読みたい学生さんは来室下さい)。

「小学校組」は「中学校組」とは違う貴重な経験が出来たのではと思います。
今はゆっくり休んで、後期以降頑張って下さい。

***************************
今日は夕方から仙台へ出張。全国青年司法書士会全国研修会で講演するため。
名物料理もしっかり食べてこようと思っています。最近太り気味なのが懸念材料ですが。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-25 10:55 | 教育のこと | Comments(1)

教育実習・附属中学校研究授業(2009)

過日、附属中学校で教育実習生による研究授業が行われました。
今年、附属中学校で実習を受けている社会系の三年生は5名。
実習の最後に、実習生皆が協力して作成する研究授業は彼らの「集大成」といっても良いものです。
今年は、公民的分野のうち、「現代の行政」の箇所を授業しました。
この箇所では、「公務員の役割」「行政の肥大化」「規制緩和・行政改革」といった内容を取り扱います。

実習生の授業は以下のような5つの段階で展開しました。

(1)人生シュミレーションクイズを行う。
→政府に様々な要望(例えば、「高校でサッカー部に入部。レギュラー獲得のため一生懸命練習していたら、転んで骨折してしまった。手術代の医療費を国に全額出して欲しい」)を行う人がいて、その要望に賛成か反対かを問う。
→提示してある要望を実現しようとすると現在の人口ベースでどの程度のお金がかかるかをシュミレーションする。
→提示してある要望を実現しようとすると結果として「大きな政府」になることを提示する。

(2)「大きな政府」「小さな政府」の特徴を確認する。
→「大きな政府」に対して、一方で国民の要望は要望として、国として最小限の役割を果たそうとする場合結果として「小さな政府」になることを確認する。
→その際、それぞれの「政府」の現象面として「税金(例えば、『大きな政府』の場合は高くなるなど)」「サービス」「国民の要望」の観点から説明する。
→「大きな政府」の事例として北欧があり、「小さな政府」の事例としてアメリカ合衆国があることを提示する。

(3)日本は「大きな政府」か「小さな政府」なのか、考える。
→その際、日本の「借金」の多さに焦点を当てる。
→子どもの反応:「日本は様々な国民の要望に応えようとしているので『大きな政府』」「税金は比較的安いので、『小さな政府』」「わからない」など。また「借金」の多さに着目して発言として「『税金が安い』から借金が多くなっているのではないか?」「国民の要望が多すぎるのではないか」「政策的には『大きな政府』だけど、税金の面では『小さな政府』だから借金が多くなっている」など。

(4)国民にとって「大きな政府」と「小さな政府」、どちらが必要な政府だろうか?を考える。
→その際、「大きな政府」の事例としてスウェーデン、「小さな政府」の事例としてアメリカ合衆国を取り上げてそれぞれの事例に示される利点と問題点を考え発表する。

(5)これからの日本にとってどのような政府が必要なのか、考える。
→その際、「小さな政府」への流れを作る中で郵政民営化などがあったことを例示する。

***************************
授業終了後の批評会では「(1)のクイズで示される金額の計算方法等を子どもが疑問に持つことがあるかもしれない、そのような疑問を授業展開では大切にしなければならない」「単元の目標のうち、『思考・判断』や『資料活用』の目標とこの授業はどのように対応していたのか、よくわからない」「説明の間、寝ていた生徒が(5)の段階で突然起き上がり、考え込むようになった。(5)の時間をもっとたくさんとるべきではなかったか」といった意見が出されました。

私からは、「(2)と(4)の内容に繰り返しがあり、(2)(3)(4)を整理すると、(5)をじっくり考える時間が確保できるのではないか。また、(5)の時間をたくさんとるためにも郵政民営化等の例示は必要なかった」といったことや、「そもそもの『大きな政府』『小さな政府』論は経済学習の流れの中で登場する概念なので、経済の論理が抜けていることに留意しないといけない」といったことを助言しました。

また「大きな政府」「小さな政府」のどちらかを考えるだけでなく、「小さな政府」を主張する子どもたちには「では警察や消防を政府の役割として限定しても良い?」といったような、「どの政策は国がやるべきでか?(どの政策は民間でやるべきか)その理由は何か?」といった発展した問いも考えられると思いました。
*****************************
今年の「中学校組」は、授業づくりに熱心で、この研究授業も連日深夜までかかって作成したとのことでした。授業全体の評価はクイズにしても、黒板に示す図表にしても、工夫の跡が見えました。そもそもこの「現代の行政」は授業づくりが難しい箇所だと思いますが、授業内容も含めよく頑張ったと思います。授業者のK君を始め、協力者の実習生諸君、ご苦労様でした。また、懇切丁寧に指導して下さった附属の先生方にお礼申し上げたいと思います。

中学校では、研究授業以外に、S君の細案授業しか拝見できませんでしたが、S君も堂々と授業を行っていたところに彼の成長を感じました。

皆さんそれぞれに成長したと思います。今後は教員採用試験の勉強をそろそろやっていきましょう。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-24 10:10 | 教育のこと | Comments(0)

シルバーウィーク。

誰がつけたか、シルバーウィーク。
明日から、らしいですね?

私の方は集中講義も一段落し、「べったり附属デー」も終わり。
今日は教授会の後、所用により上京です。

全社学発表準備やら、大学の講義用教科書の原稿執筆やら。
色々しないといけないのですが。

なかなか手に着かず。

シルバーウィーク中は、大学にこもりますので。
その間にこなそうと思っています。

***************************
新政権が発足しましたね。私は閣僚人事もそうですが、
副大臣や政務官の人事にも関心が。

今回から「派閥順送り」でなく、大臣の希望で人事が決められる
方法が採られていますので。

どんなチームで財務、国土交通、そして文部科学行政を進めていかれるのか。
注意深く見守っていきたいです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-18 10:56 | 雑記 | Comments(0)

福井法教育研究会(200909)

過日、見出しの会が開催されました。

今回の議題は、

(1)附属中学校での実践の反省
(2)教員対象研修(5周年記念行事を兼ねて)の内容検討
(3)ジュニア・ロースクール福井の内容検討
(4)学習指導要領における法教育の展開について
(5)明治図書による社会科教員対象セミナーについて

(1)については、以前もブログに掲載した裁判員を扱った授業について、実践上の課題を中心に話し合われました。授業では「裁判員制度の意義」が子どもに十分に伝わっていないとの意見が出され、今後その改善案を考察することになりました。
(2)については、来年度県教育研究所との連携の中で実施していく方向で検討することになりました。
(3)については、昨年度と同じ12月に実施。従前のような、弁護士と現場教員との連携による授業作り・実践を行うのではなく、授業自体も弁護士の方で作成し実施することになりました。
(4)については、私が岡山の法教育研究会で報告した内容をそのまま説明し、(5)については、その案内チラシを配布し、概要を説明しました。

次回は、M中学校のM先生が行う「経済単元の効率・公正の授業」案の検討を中心に行う予定です。

****************************
現在附属小・中で行われている教育実習も佳境に入っています。土・日も授業づくりで大学に来て、学生研究室等で指導案やワークシートづくりに勤しんでいます。授業づくりで「悩み」のある学生が研究室を訪れて、色んな話をしていきます。様子を聞いてみると、みんな元気で頑張っているよう。またある学生は、「授業づくりが楽しい」と言っていました。明日・明後日は一斉授業や研究授業日です。私も附属に出かけている時間が多くなりそうです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-13 17:15 | 研究のこと | Comments(1)

兵庫県立大学集中講義(2009)

もう今年で6回目ですか。

兵庫県立大学の集中講義、「公民科指導法」。

今年は10名の受講者。

よく頑張っています。

朝9時から18時前までの講義。

私が学生時代はどこかで眠くなる時間があるのですが(苦笑)、
そんなこともなく。

真剣そのものです。

まあ、少人数なので、眠ることができないのかもしれませんが。

明日から指導案作りになります。経済学部・経営学部の学生さんばかり。
経済のおもしろい授業づくりを期待しています。

*******************
私が宿泊しているのは、カサベライン神戸というホテル。
地下鉄・JR・私鉄いずれも駅が近く、格安のホテル。
近くにスーパーもありますし、ホテルの隣はコンビニです。

先日の神戸大学の集中でも利用しましたが、神戸泊まりはもうここで決まりですね。

もちろんインターネットも使えますよ。

最後はホテルの宣伝になりましたね。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-10 19:40 | 教育のこと | Comments(0)

日弁連・法教育委員会(200909)

過日、見出しの会議に出席してきました。
今回は各地で夏休みに開催された「ジュニア・ロースクール」や模擬裁判選手権の報告と、今後日弁連が取り組む課題など。

私は以前から「模擬裁判(選手権)については『法教育』全体から見ると『傍流』だ!」と言ってきました。この考えは今も昔も変わりません。その理由は、「法教育」の幅広さから言うと、模擬裁判はその一部にしか過ぎないこと、また、選手権について言えば「サークル活動」の一環であって、教室での子どもたち全体に対する教育にはならないこと、等です。

ただ選手権の効用は一定程度あるとは思っていました。それは、「法教育」を拡げることを考えれば、その「宣伝」になるということです。

3年間続いてきたこの選手権についても、委員会では様々な意見が出されました。「ディベートが抱える問題と同じ教育的問題を模擬裁判選手権も抱え始めているなあ」というのが率直な感想です。「勝ち負けにこだわる余り、この事業で大切にされないといけないそもそもの趣旨が忘れ去られようとしている」ということ。また予算の問題も出てきました。「宣伝」のために委員会の予算を圧迫するのが良いことなのか。等々。

まあ何事もほどほどにしないといけないということでしょうか。

********************************
昨日・今日は福井で仕事。今月末に行われる大学院入試で社会科教育領域を受験する予定の学生さんとの面談やら、大学院講義で作成している「問題解決リテラシー授業」の附属での実践打ち合わせ、等々。今日夕方には神戸市へ移動。明日から兵庫県立大学での集中講義です。またまたしばらく福井にいません(苦笑)。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-08 09:58 | 研究のこと | Comments(1)

体調管理。

福井も昼間はやや暑いのですが、朝晩は涼しく、むしろ半袖だと寒い位です。
皆さん、お元気でしょうか?

私は、吉備国際大学の集中講義中、風邪をひいてしまいました。

集中講義の1日目が終わった段階で、少し熱っぽかったのですが、2日目朝は身体がだるく。。しかし、講義は朝から夕方までありますので。のどを痛め、更に熱っぽくなります。3日目も身体がだるく、鼻水も出て。

最近流行の新型インフルエンザかもと思いつつ、福井に戻りました。

昨日は安静にしたいなあと思いつつ、「卒論指導」「会議」等々まあどたばた仕事をしましたが。

今日はこれから上京。日弁連の委員会に出席です。

*************************
近々、拙編著本が出版されます。詳細については後日ブログに掲載します。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2009-09-04 08:51 | 雑記 | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧