<   2012年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

年度末に当たって。

本日2011年度末。

来年度は、「外回り」の仕事がなくなった分、学内の仕事
が増えそうです。この5月からは教授会の副議長、先日
の選挙で選ばれた研究・学外連携推進委員、そして、こ
の委員に付随する諸委員を兼務することになるでしょう。
先日の講座会議で、学校教育課程委員も担当すること
になり、2年任期2年目の就職委員も含め、「公職」に就く
前ベースの「学内業務」でしょうか(教授会副議長が増えた
分、増加でしょうか)。

来年度もぼちぼち健康に気をつけて、頑張りたいと思います。

**********************************
人事異動が発令。
橋本ゼミの行寿君は長岡京市長岡中学校に赴任。
同じく橋本ゼミの二丹田君は北陸高校に勤務。
他、寺尾ゼミから教職大学院に行った森崎君は清水中学校に赴任。
福井大学社会系教育コースの「先輩」たちは、ざっと見ただけで、上記の
森崎君を含めて7名が小・中・高校に採用されています。
ここ一・二年は理数教育コースのメンバーの採用者が多くなっていますが、
この傾向はそんなに長くは続きません。
非常勤講師をしながら、正式採用を目指すみなさん、引き続き、がんばってください。
また、採用された皆さん、各々新天地で頑張って下さい。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-31 00:00 | 雑記 | Comments(0)

この“思考スキル”で高める思考力・判断力・表現力・・・。

過日、標記のタイトルの書籍を新潟大学の児玉康弘先生よりお送り
頂きました。

新潟大学教育学部附属新潟中学校,この“思考スキル”で高める思考力・判断力・表現力,明治図書

児玉先生にはこれまでもよくして頂いていて、大変感謝しているのですが、
今回も上記の書籍の他、先生の科研の研究成果報告書をご恵送頂きました。

児玉康弘,地方の課題を歴史的に考察させるための郷土人物教育内容開発研究,平成20年度~平成23年度科学研究費補助金【基盤研究(C)】研究成果報告書

前者の書籍は、児玉先生が校長先生をされていて、同校の研究部をご指導されたのでは、と思います。
思考力・判断力・表現力を育成するためのスキルをいくつか設定し、各教科でそのスキルを応用した授業を
展開した結果についてまとめられています。設定されるスキルは以下の通り。

対比、比較スキル、分類スキル、類推スキル、仮定スキル、帰納スキル、演繹スキル

興味深い書籍だと思います。

後者の書籍は、児玉先生のご主張である「解釈批判学習」を地域の郷土人物を取り上げる場合どのように組織化できるのかを示したもの。川村修就、北一輝、田中角栄が取り上げられています。田中角栄の「功罪」はなかなか面白い。「政治教育」にも使えそうなネタですね。

児玉先生、いつもいつもありがとうございます。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-30 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

法と教育学会・企画委員会他(201203)。

今回も前回に引き続き、この9月に開催される年次研究大会の
テーマについて、基調講演者の選定、パネルディスカッションの
内容について検討を重ねました。

まだ公開できる段階ではないのですね(苦笑)。

色々と試行錯誤している段階です。
もう少しお時間を下さい。

***********************************
過日、桑原科研の全体会が東京で開催されました。
今回は、「認知調査の内容検討」「渡米調査の報告」
「日本で行われている有権者教育プログラムの報告」
などでした。

来年度「認知調査」を本格的に実施するに当たっての
課題がいくつか出てきました。いずれも「難題」だと感じました。

日本で「調査」をする場合、学校現場との意思疎通が上手く
できていないと難しいし、それ以上にあまり長い時間の調査は
敬遠されると思いますので、こちらも試行錯誤が必要です。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-29 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

法教育シンポジウムin福井、回顧。

過日、標記のシンポジウムが150名を超える参会者を頂き、開催されました。
橋本の基調講演は、以下の通り。

1.「地域の問題は自分たちの問題」-「自助、公助ではなく共助の時代」
2.それらの問題を解決するための手法-「法的な思考方法」-
3.「法教育」とは何か-4つの特徴と最も重要な要素=「思考方法教育」-
4.新学習指導要領の趣旨と「法教育」-コンピテンシー論から迫る-
5.新学習指導要領における「法教育」-社会科と道徳・特別活動を中心として-
6.新学習指導要領における「法教育」の実際
7.今後「法教育」を進めるにあたっての課題

これらの内容を30分で話しました。

その後で、小学校・中学校・高等学校における「法教育」の取り組みについて、
小学校は、清水北小学校の白木先生による「ルールのランキングの授業」、
中学校は、明道中学校の森川先生による「効率と公正を関連付けた高速道路の無料化の授業」、
高等学校は、藤島高校の青木先生による「模擬裁判選手権福井県予選」、を
それぞれご報告されました。

最後はパネルディスカッション。
エッセイストの安藤和津さんを交えて、コーディネーターは、法務省の丸山さん、
パネリストは、金津高校の三田村校長先生、野坂弁護士、青木先生、そして、橋本でした。

香川・山梨・福井と続いた「法教育シンポジウム」ですが、三者三様で良かったです。
特にパネルディスカッションは三箇所とも「法教育の普及に向けて」がテーマでしたが、
登壇者が変わると、話の内容も変わるものですね。今回は、「『法教育』をわかりやすい
言葉で表すとどうなるか」といったコーディネーターの問いが、「法教育」の社会的・
教育的意義を聴衆に伝える意味で良かったと思いました。

採録記事は明日の福井新聞朝刊(一面記事)に出るようですので、ご覧下さい。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-28 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

inニューブランズウィック(3)。

ニューブランズウィック滞在三日目。この日が一番ハードでした。

ラトガース大学のイーグルトン政治センターにて、マット-先生から
ラトガース大学が取り組んでいるRU Readyプロジェクト(政治参加
に関するプロジェクト)について説明を受ける。

なにぶん早口であまり聞き取れなかったのですが、政治学専攻の
大学生が高校で「政治参加教育」を実施するプロジェクト。大学生が
学校現場で教えることで、自分たちが習得した知識を用いて説明を
行い、知識を確実なものにする?高校生は大学の教育について、
理解を深めることを目的としているようです(ラトガース大学への進
路決定を後押しすることが真の目的?)。

ただpolitical skillという言葉がキーワードのような気がしました。
このskillを大学生が身につけ、高校生も習得させることが重要だ
といっていたような気もします。

b0091443_13482177.jpg


その後で、このRU Readyプロジェクトを行う場に立ち会いました。
エディソンハイスクールでの授業見学です。

b0091443_1350479.jpg


授業の概要は、自分たちが実現を願う「政策」について、その「政策」を実現するための
方略にはどのようなものがあるのかをグループに分かれて提案させ、それを実際に生徒
にやらせてみる。

b0091443_13572720.jpg


例えば、プラカードを作ってみよう!という「方略」を考えた生徒は、その「政策」に関する
賛否を示すプラカードを実際に作成する。

b0091443_13564874.jpg


この授業の後で、この授業を受けてみての感想などについて生徒たちからヒアリングしました。

b0091443_13593743.jpg


b0091443_13595577.jpg


遅いランチを食べた後で、ラトガース大学の、初等教育と中等教育の「社会科教育法」の講義を参観しました。講義を半分づつしか見ていないので、拝見した内容についてのみ言及しますが、中等の授業は、エングル・オチョアの「意思決定モデル」を参考にして、チャータースクールの財政支援に関する論争問題をどう授業化するのかといったことに関する演習、初等の授業は、大統領選挙の学習について学習の組織化の論理としてのステーション方式を採用し、大統領選挙の学習の授業づくりを体験させる?といった演習でした。

b0091443_144134.jpg


b0091443_145889.jpg


講義が終わった後で、中等教育担当の、学校現場での長い教員経験を経られた先生と懇談。

b0091443_1465130.jpg


今回の渡米を総括して、一番面白かったのは、この「社会科教育法」の講義でしたかね(苦笑)。
非常に緻密に講義が組まれていました。特に中等教育の講義の方法については感銘を受けました。
これまで比較的橋本が「授業づくり演習」をするときには、学生さんの希望を重視してテーマを決めて、
グループに分かれて授業を作ってもらっていました。ただ今回拝見した中等教育の講義の方法は、
授業のプロセス(「意思決定モデル」)を踏まえた、また、論争問題テーマも教員が設定し、それに
関する授業づくりになっていて、その論争問題テーマの内容(論争点など)についても教員がしっかり
理解し、そして、どこを調べれば良いかを把握した講義展開になっていました。

自由にテーマを決めて授業を作る「前段階」の講義として適切だなあと感じました。

ニューアーク(10:45)→成田国際(翌日15:00)CO79
成田国際(17:55)→小松(19:15)NH3116

翌日、無事帰国しました。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-27 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

ソーントン先生の講演会。

過日、南フロリダ大学のスティーブンソーントン先生の講演会に
参加してきました。

ソーントン先生にお会いしたのは、ちょうど今から4年前。2008年
9月に南フロリダ大学を訪れました。

http://yhasimot.exblog.jp/9579972/

本来は昨年3月にお見えになり、ご講演頂くことになっていましたが、
震災もあり、約1年延期になりました。

今回は先生のご著書に基づいたご講演。「ゲートキーパー論」
についてお話頂いたということです。

橋本はご講演を聴いた段階で失礼したので、その後で、どのような
質疑が交わされたのかよくわかりませんが、「ゲートキーパー論」
自体はこれまで、それこそ「見える化」してなかっただけで、ある意味
「当たり前」の話だったように感じました(実は、後々、現在N大学のK先
生とお話した際、K先生も同じご意見だったようです)。

ただ「当たり前」なのですが、それを「見える化」することによる社会科
教育的意義はかなり大きいように思えます。

「ゲートキーパー論」について説明するのも何なので。
詳しくは、下記のホームページを参照して下さい。

http://socialstudies0912.blog111.fc2.com/blog-entry-867.html#more
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-26 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

inニューブランズウィック(2)。

ニュー・ブランズウィック滞在二日目。
朝方、ルービン先生と院生の方がホテルに
来られる。

ラトガース大学までは徒歩15分程度。天気が良く、暖かい、というか、暑かった。

b0091443_1325753.jpg


b0091443_1332095.jpg


b0091443_1394910.jpg


部屋に案内されると、早速学科長がお見えになる。
福井からの留学生日下部太郎(福井藩士)とグリフィスがラトガース大学で親交を深めた縁で、グリフィスは、福井藩の藩校明新館で理科を教えることになる。グリフィスはその後、現在の東大に移り、物理と化学を教える訳ですが、日下部太郎とグリフィスの縁で、ニューブランズウィックと福井市は姉妹都市になります。その辺りの話をされていました(グリフィスを扱った展示会を本学の図書館でも以前やっていました)。

他にも副学科長の先生もお越しになり、しばし雑談。

b0091443_13105050.jpg


その後、院生二人に連れられてキャンパスを見て回りました。

b0091443_13114065.jpg


b0091443_1335749.jpg


午後はランチの後で、公民教育センターの「ニュージャージー支部」のディレクターであるガードナー氏から、プロジェクト・シチズンの概要について、パワーポイントで説明を受けました。

b0091443_13143844.jpg


プロジェクトシティズンは、邦訳されていますので、興味のある方はご購入されてはいかがでしょう。
政治的社会参画学習の典型的な学習プロジェクトで、「手続き重視」のカリキュラムです。

当日最後は、今回の有権者科研の目的などについて、提案を行い、ルービン先生と議論をすること。

ルービン先生は高等学校での「政治参画学習」設計をこれまでされてきましたので、我々が主として目指している小学校での「政治学習」構築について、とても興味をもたれました。特に、「小学校で政治学習を行う上での課題」を質問されました。日本の小学校では政治的論争問題が好まれない傾向がある、政治的論争問題を学習する場合でも一つの結論の終着させる一つのストーリー性が求められるなどがありえます。ただ、最近では、お茶の水女子大学附属小学校のように、政治的論争問題を中心に授業を展開している学校もあります。日本全体では、政治的論争問題学習がまだまだ進んでいないのが現状でしょう。また、「どのようなカリキュラムを作ろうとしているのか」といったことについても質問されました。我々は典型的な単元を小学校から高校までの間でそれぞれの学校段階で一つづつ(小学校は中学年・高学年でそれぞれ一つ)を作ることを目指していることについて、説明をした後で、ルービン先生からは、「到達目標設定の重要性(ゴールを決めて、時間を想定し授業を作る)」などについて指摘がありました。

b0091443_13294214.jpg


議論が終わった後は、ルービン先生や学科長などを交えた懇親会。とてもリーズナブルで美味しいお店で、お酒を酌み交わしたということです。

*******************************
この記事で900記事到達。今年中には1000記事になりそうです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-25 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

法教育インタビューシリーズ。

法教育フォーラムのホームページをご存じですか?

http://www.houkyouiku.jp/report.html

法教育に関する情報が満載のホームページですが、
その中に「法教育レポート」があります。

このたび、橋本のインタビュー記事が掲載されました。
詳しくは以下を参照下さい。

http://www.houkyouiku.jp/12032201
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-24 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

藤島高校のNIE授業。

「批判的思考」グループの藤島高校、青木先生によるNIE公開授業。
橋本は熊本出張のため拝見できませんでした。残念です。
詳細は以下の記事を参照ください。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/zenkoku_nie_fukui/33733.html
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-23 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井県高校NIE研究推進会議(201102)。

過日、標記の会合が開催されました。
同会議は、本年7月末開催のNIE福井大会に向けて、NIE研究を
組織的に進めるために昨年度発足しました。

県立高校の先生方4~5名でグループを作り、それぞれ「歴史認識」「言語活動」
「論理的思考」「批判的思考」の4つをテーマとして掲げて、活動しています。

昨年度は全国大会に向けて、各研究テーマに基づく授業開発研究を
主として行い、本年度は、公開授業、授業終了後の検討といった実践研究を
主として行いました。

今回は本年度最後の会議。各研究グループの研究成果が報告されました。

昨年度の研究成果報告よりもより緻密で斬新な内容もありました。

「歴史認識」グループは、武生高校の本学学生や文書館を巻き込んだ取り組み以外にも、
福井新聞連載の「親鸞」を使った新しい授業が報告されました。
「言語活動」グループは、橋本も拝見した若狭高校の「社会参画型」授業を報告されました
し(http://yhasimot.exblog.jp/16318581/)、「論理的思考」グループは、武生高校
の公開授業報告(http://yhasimot.exblog.jp/17330817/)が主でしたし、「批判的
思考」グループは、金津高校の授業報告(http://yhasimot.exblog.jp/17355708/)
が主でした。

特に「批判的思考」グループは、心理学的なアプローチでNIE授業を作っており、真新しい
内容でした。とても面白かったです。

小・中学校の取り組みはどうなのかわかりませんが、とにかく福井の先生方は、熱心でまじ
めです。真剣に取り組んでいただいている様子に心が打たれます。

大会時には、仁愛女子と福井農林の公開授業も予定されています。

高校の発表は「社会科色」が強い(というか、地歴科・公民科の取り組みの発表ばかり)ので、
聞きがいがある?と思います。

是非、7/30、31に行われる福井大会に足をお運び下さい。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nie/33319.html
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-03-22 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧