<   2012年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日本公民教育学会(2012)、回顧

ちょうど1週間たちましたが、先週土曜日、日本公民教育学会に参加してきました。
仙台は暑くもなく、寒くもなく、好天でした。東日本大震災後、復興需要で活気に満ちている
という噂を聞いて、タクシーの運転手さんに聞いてみると、「最初の一年だけで、その一年も
ホテル業界と飲食業界が潤ったのでは、保険業者が多く来ていた」とのことでした。翌日、
時間があれば被災地を見て回ろうと思っていたのですが、飛行機の時間もあり、断念。
被災地を見て回った本学の小玉君(院生)に聞いてみると、被災地が観光地化しているとのこと、
観光バスで観に来ている観光客が多いとのこと、確かに、橋本が泊まっていたホテルも観光
客風の方が多かったですし、土曜日はホテルが全く取れなかったのがその証左なのかも。

さて学会の話題に。東日本大震災の後、復興途中の最中、東北大学で開催されました。
東北大学の建物にも、コンクリートを浮き上がったり、ひび割れが入ったものがあり、修繕
する上でわかりやすいように赤や青のテープが貼ってあります。痛々しい姿を現していま
す。

橋本の発表は、アメリカ合衆国の「法原理」学習プログラムを分析し、小学校中学年から、
高等学校段階にかけて、どのような段階性をもって「法原理」を教えているのか、その教育
内容から明らかにすることを目的としていました。ただ授業構成については時間の関係で
分析していなかったので、ちょっと不十分な内容になりました。これからの課題になります。

本学の小玉君の発表は、政治学習改善の方向性として、「政策」を取り扱うこと、その「政策」
を分析する枠組みとして公共政策学の研究成果を生かした内容とすること、に焦点を当てた
発表。特に、今回は、分析する枠組みを中心に発表しました。フロアーからの質問では、地方
の「政策」と国が行う「政策」を同じ扱いで分析するのが適切なのか、「政治的中立性を考えた
時、政策を指導要領上は扱いにくいがその点についてどう考えるのか」といったことなど、かなり
熱心に質疑応答が繰り返されたようです。彼の研究は、「政策」を分析する枠組みを子どもたちに
習得してもらいたいということ、その狙いを達成するために、政策を教材として扱うといったスタンス
なので、「政治的中立性」の問題はそれで捨象できると思いました。地方と国の政策の違いがある
ので、その点は今後の課題になると思いました。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-30 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

法に関する教育・教材開発研究会、シンポジウム回顧

さて、シンポジウムの回顧を。

基調講演の大杉先生からは、「法教育」特に、新学習指導要領に導入されることになった背景に
ついてコンピテンシー論を引用し説明されました。また、現代社会の見方や考え方の基礎として
の「対立と合意、効率と公正」、現代社会を捉える枠組みとしての「幸福、正義、公正」の考え方、
「法教育」を実践していく上での課題として、「教師が答えを一つ持って授業を組む」という基本的
な授業スタイルとは異なる「構成主義的授業観」が「法教育」の一つの柱なので、それにとまどう
教員が多数いる、といった点をどう克服するのか、などについてお話頂きました。

b0091443_8444826.jpg


その後で、「幸福、正義、公正」の習得の授業プランを桑原先生から、「幸福、正義、公正」の活
用の授業プランを吉村先生から、「幸福、正義、公正」「対立と合意、効率と公正」の活用の授業
プランを中原先生からご提案頂きました。

桑原先生の授業は、橋本も以前授業化したアメリカ合衆国の性犯罪者のプライバシーを侵害する
「メーガン法」を扱ったものです。吉村先生からは「派遣労働規制」の法制度を他国の法制度と比較
して検討していく、橋本の「法学習類型」では「法批判学習」に位置付けられるもの、そして、中原先
生からは、トリアージを扱った授業、ネタとして使えると思いました(大杉先生が最近執筆された論文
にもトリアージが取り上げられています)。

後半、指定討論の中川先生からは、「効率と公正」について効用フロンティアを活用して、効率が達成
された状況の中で公正といった価値観を選択するといったこと、功利主義的な価値観を選択するのか、
ロールズ的な価値観を選択するのか、いずれにしても、効率が達成される状況の中での選択について
経済学的にお話頂きました。土井先生からは、ご自身も学習指導要領現代社会の作成にご尽力された
たご経験から、「幸福、正義、公正」についてその捉え方に基盤にお話頂きました。司会の吉田先生から
は、生徒の切実性の話など、ご提案頂いた授業3つについてご意見頂きました。

b0091443_8451013.jpg

b0091443_846982.jpg

b0091443_8463775.jpg


今回のシンポジウムの「首謀者」である橋本から最後に一言。

授業の立案については、これまで3回の研究会を行ってきました。その経過の中で、三者三様、それで
良い、と途中で思うようになりました。今回は「対立と合意、効率と公正」「幸福、正義、公正」の授業を作
っていく上でどのような課題があるのか、授業作成者としての課題も想定されますので。それも明らかに
すれば良い、と思うようになりました。

結果として、「効率と公正」「幸福、正義、公正」の捉え方が三者三様になった。ということです。
学習指導要領的には「効率と公正」は中川先生のご説明に近いもの、授業のプランニングとしては、「効率
が達成された後での公正問題」として議論していくことになるのですが。そうした時に、現代社会の諸課題
について「効率と公正」を活用することを想定している中学社会(公民的分野)では、効率が達成されない
状況を探す、、そして中学生の授業として適切な課題を探す、その場合、限られた教材になり、教材開発
の幅が拡がらない危険性があります。活用場面では、「対立と合意、効率と公正」、4つの概念的枠組み、
全てを活用するということではない、その中の三つを取り上げるといった授業プランもあってもよいでしょう。

「幸福、正義、公正」については、実は過日大学院の共通授業で「問題解決リテラシーとしての法的リテラシー育成の理論と方法」というテーマでお話したのですが、その際、「法的リテラシー育成にもつながる幸
福、正義、公正の考え方が現代社会に取り入れられた」旨、説明しました。講義の後の質問で、現職の先生?から、「トゥールミン図式のバッキングに当たる箇所に法規範が入って、根拠付けるのは、納得できる
が、社会全体の幸福、個人の幸福がバッキングに入るのはどうなのか」、つまり、「社会全体の幸福」なん
てのは曖昧でよくわからん、といった趣旨のご質問でした。習得場面は、「生命、情報、環境」がテーマに
なりますので、環境を扱うときに出てくるのが「社会全体の幸福」なのでしょうが、これも授業構成上の課
題だと思います。

「幸福、正義、公正」(「対立と合意、効率と公正」もですが)については、更に検討が必要です。引き続き、
どこかの場面で出来ればと思います。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-29 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

教育実践研究・模擬授業②(2012)。

「金・2」の講義の模擬授業の2回目。
今回は中学社会(地理的分野)の授業。

「なぜ町おこしを行っているのか」をMQに
設定し、四万十町を事例にして、過疎化・
高齢化が町に引き起こす問題を整理し
授業を行っていました。

ただ公共サービス問題が本当に発生して
いるのか、「若者が減ることで医療サービス
が提供できない」とする解釈が正しいのか、
要検討です(この解釈だと医療費は過疎化した
自治体が捻出するように読み取れます)。

過疎化が進むことで人口減少となり、例えば、
路線バスが廃止される、そうすると、高齢者
が日中一人で病院に行く、それが困難なケース
があるので、市町村がマイクロバスを出す、
しかし財源がない、、といったことは考えられ
ますが(その意味での公共サービスが提供
出来にくくなっているという現象はあり得る)。

再度、しっかり教育内容研究をして、指導案
の修正を行って下さい。

b0091443_79357.jpg

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-28 00:00 | 教育のこと | Comments(0)

公民科教育法Ⅱ①(2012)。

高等学校公民科の教員免許取得に必須の講義として「公民科教育法」
があります。通常、2年次後期に「公民科教育法Ⅰ」を、3年次前期に
「公民科教育法Ⅱ」の単位を履修することになります。

例年「公民科教育法Ⅱ」では、テーマを決めて、授業をプランニングして、
模擬授業を行ってもらいます。今回のテーマは「東日本大震災」「NIE」
の二つ。NIEを活用して東日本大震災の何をどう教えていくのか、学生
たちにグループに分かれて検討してもらいました。

出てきた指導案のテーマは以下の通り。

①大飯原発再稼働に賛成か反対か
②風評被害はなぜ起きたのか
③なぜ復興庁と原子力規制庁が設置され
たのか(されようとしているのか)

①は価値判断・意思決定学習として、新聞記事を読み進め、
大飯原発の再稼働に関わるアクターの「利害関係」を分析的
に学習していく授業、②は風評被害の発生するメカニズム
を鳥インフルエンザの際の新聞記事を読み進めながら、時系列
的に考察させ、東日本大震災発生時の福島県の風評被害のメカ
ニズムと比較させる。そして、風評被害の発生メカニズムを一般化
した形で理解させようとする授業、③は復興庁と原子力規制庁の設置
を題材として行政の役割や縦割り行政の問題点、許認可権限に関わる
課題を理解させようとする授業、でした。

各々チャレンジングなテーマを選び授業を作ってくれたと思います。
①については「利害関係」の分析が弱い点、②については、発生メカ
ニズムでアクターそれぞれはそれぞれの責任を果たしているのか否か、
を問うことで掘り下げた議論が出来るのではないかという点、③について
は、どちらか一つに絞って授業を再構成した方が良いのではないかという点、
について意見を述べました。

今日の講義では「高校生が福井銀行を訪問した際の見学コース(金融学習コ
ース)」を実際に体験してもらい、そのコースのあり方(内容)の検討、そして、
そのコースを活用した授業プランを引き続き残りの講義で検討していきます。

引き続き、頑張りましょう。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-27 07:00 | 教育のこと | Comments(0)

生活教材研究・中間発表②(2012)。

昨日二回目の中間発表が行われました。
今回発表した班のテーマは以下の通りです。

■夏野菜を育ててカレーを作ろう!
■農家のおじさんにお米料理をプレゼントしよう
○はがきをつくろう!!
○昔のあそびをしよう
○七色だんごをつくろ
■見つけよう 学校周辺たんけん
■しゃぼん玉を作ってあそぼう
■まとあてをするための道具づくり

○は「橋本組」の発表です。
今回は「しゃぼん玉を作ってあそぼう」に焦点を
当てます。

b0091443_12311714.jpg


前回も書きましたが、この中間発表は、これまでの学生たちが行った「試行錯誤」
を発表する場です。この班は、人が入る位の大きなわれないシャボン玉を作るための
「試行錯誤」を繰り返しました。

(1)市販のシャボン玉液と自作のシャボン玉液を比べてみる。
(2)洗剤、洗濯のり、水、ガムシロップ、はちみつを入れて作っている。
(3)洗剤、洗濯のり、沸かしたお湯、グリセリンを入れて作ってみる。

また、大きいものを作るために、フラフープに毛糸を巻いて、しっかり液体が付くようにし、
実験してみる。

といった感じです。仮説を立てて、段階を追って、5回の「実験」に取り組んでいました。

「一回や二回やってみて、できたから、それで終わり!」というのではなく、上記のグループ
のような「試行錯誤」が求められるのが、本学の生活教材研究です。

来週からは「実践プランづくり」に入ります。引き続き、頑張りましょう。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-22 00:00 | 教育のこと | Comments(0)

法に関する教育・教材開発研究会シンポジウムの反響。

後日、橋本の総括はここに掲載します。

取り急ぎ、お詫びを。

当日は60名定員のところ、北は北海道から南は九州・
沖縄まで100名を超える参会者を迎え、席が十分準備
できず、かなりの先生方にご負担をおかけしたことをまず
はお詫び申し上げます。

「法教育」は人気はないし(笑)、個人的な研究会の
シンポジウムですし、「宣伝」も本ブログと法と教育
学会のメーリングリスト、法教育フォーラムや経済
教育ネットワークのホームページでの案内の掲載
が中心でしたので。

そんなに数は集まらないと思っていたのですが。

やはり登壇された先生方のお話を聞きたいと思われる
方が多かったのですね。

完全に読み間違えました。

b0091443_821335.jpg


さて、本シンポジウムの「反響」と言いますか、その内容
について以下のブログで紹介されていますので、ご覧に
なってください。

http://yaplog.jp/teng/

いつもお世話になっている神奈川県のM弁護士のブログ。
ざっくり概要がつかめます。

http://socialstudies0912.blog111.fc2.com/

岡山大学のK先生のブログ。全社学のシンポジウムとも
関連する現在の「法教育」に内在する「科学的実在論と
構成主義的アプローチ」による授業構成(特に後者)に
ついて考察されています。

是非ご参考にされてはいかがでしょうか。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-21 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

日本弁護士連合会・市民のための法教育委員会(201206)。

過日、標記の委員会に出席してきました。
本年度第1回目の委員会。
正副委員長を始め、事務局長の選任などが
行われました。

また、このブログでも紹介している委員会の活動
について、教材作成チームは本年度本格的に中
学校の教材作成に当たり、模擬裁判選手権チーム
は8月の全国大会の準備に余念が無く、企画チーム
は、ホームページ作成や教員研修の企画立案など
を行っています。

会の後半は、後藤直樹弁護士による「法教育」に関する
講義?でした(橋本は所用で聞くことが出来ませんでしたが)。

各単位会の活動も少しづつ確実に進めている組織もあれば、
大阪のように大々的に活動している単位会もあります。

そういえば、大阪弁護士会は、「模擬裁判ゲーム」を作成し、
同会のホームページにアップしています。

http://www.osakaben.or.jp/web/index/index.php
「スイートホーム炎上事件」

先日、本学の学生さんと一緒にやってみましたが、1時間30分では
終わりませんね(苦笑)。大変良くできているとは思いますが。
ゲームを使って授業を組み立てようと思ったのですが、これでは、
少し難しいでしょうね。ゲーム以前に争点を把握させた上で、30分
位で評議中心に出来るものがあれば、模擬裁判ビデオを見せて評
議を生徒にさせるパターン以外の授業も構想できるかなあと思いました。
同ゲームについては、下記ブログにも記事がアップされています。

http://yaplog.jp/teng/

話があちらこちら飛びましたが、引き続き、今年度も日弁連委員会の助言者
として尽力していければと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-19 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

教育実践研究・模擬授業①(2012)。

過日、本年9月に主免実習を迎える学部3回生による恒例の「模擬授業」
が行われました。

今回は第1回目:中学校社会(歴史的分野)の授業。引き続き3回行われます。

MQ:律令国家・公地公民制の下で当時の農民はどのような生活をしていたのだろう?

■当時の農民の暮らしや、「奴婢になりたかった農民がいたことを示す」和歌を読ませ、
「なぜ自分たちよりも地位の低い奴婢になりたい農民がいたのか」を問う。
■当時の農民たちの「租税」について確認をする。
■神亀3年の「出雲郷計帳」を見させ、気付いたことを上げる。「逃」の文字があったり、
女の人の数が多くなっていることに気付かせ、なぜそのような状況になっているのかを
推測させる。
■最後のまとめ:かなり重たい内容の税と義務に苦しみ、それは奴隷である奴婢に匹敵するほど
であったこと、そのため、それらの負担から逃げるために逃亡や偽籍などを行うようになったこと、
これが戸籍計帳による正確な公民把握を困難にし、公民の原則が崩れたこと、を確認させる。

b0091443_14172274.jpg


この授業の何がポイントなのか、どの活動に時間を多く割くべきなのか、その辺りをしっかり考える
必要があること、小学校で学習したことを忘れている子どもたちもいるだろうから、ということで、ゆっく
り時間を取っていたようですが、「記憶を呼び起こす」のであれば、全てをプリントに書き込ませる必要
もなく、やはりメリハリを付けて授業を展開すること、これが大切だと思いました。ただ、授業全体の
流れ(MQからMAまでの流れ)はスムーズで、内容的にはわかりやすい授業だったと思います。

まずは誰が聞いても「わかる授業」、これを作り上げることが第一歩でしょう。「わかる授業」であれば、
子どもたちは比較的聞いてくれますよ。

次回は中学校社会(地理的分野)になります。楽しみにしています。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-18 00:00 | 教育のこと | Comments(0)

法に関する教育・教材開発研究会シンポジウムについて

6月17日に「法教育」のシンポジウムを東京で開催します。

http://www.f-edu.u-fukui.ac.jp/~yhasimot/LREsympo.2012.ver2.pdf

日時:6月17日(日) 12:30開場 13:00~16:30
場所:千代田区立 日比谷図書文化館 スタジオプラス(〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
 日比谷公園内 日比谷公会堂北 http://hibiyal.jp/hibiya/about.html)

 12:30~ 開場・受付
 13:00~13:10 シンポジウムの趣旨  福井大学教育地域科学部准教授    橋本康弘
 13:10~14:10 基調講演       岐阜大学教育学部教授        大杉昭英
 14:10~15:10 「対立と合意、効率と公正」「幸福、正義、公正」に関する授業プラン報告
                      岡山大学大学院教育学研究科准教授    桑原敏典
                      川崎医療短期大学准教授          中原朋生
                      宮崎大学大学院教育学研究科准教授    吉村功太郎
 15:10~15:20  休憩
 15:20~16:30  パネルディスカッション
               パネラー  岡山大学大学院教育学研究科准教授       桑原敏典
                      川崎医療短期大学准教授               中原朋生
                      宮崎大学大学院教育学研究科准教授       吉村功太郎
             指定討論者  京都大学大学院公共政策連携研究部教授  土井真一
                      日本大学経済学部教授                中川雅之
                 司会  筑波大学附属駒場中・高等学校教諭        吉田俊弘
                      福井大学教育地域科学部准教授          橋本康弘

定員:60名(事前申し込み不要)
参加料:無料
主催 法に関する教育教材開発研究会
後援 法と教育学会、経済教育ネットワーク

是非、多くの方のご参加をお待ちしています。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-17 00:00 | 研究のこと | Comments(0)

副免実習(2012)。

現在、副免実習の最中です。
今月初めから2週間が小学校実習、15日から2週間が中学校実習。

3年次の1ヶ月にわたる主免実習を終え、主免実習が中学校だった
者は副免実習で福井市内の小学校に行きます。主免が小学校だった
ものは副免で福井市内の中学校へ、特支の学生さんは、小・中両方実習
に行かないといけないので、大変です。

今年度から学校教育課程委員会委員なので、実習先への挨拶回りをして
います。15日には、進明中学校の朝礼で先生方にご挨拶。

進明中学校のT校長先生は元々社会科を専門とされている先生ですし、
旧知の間柄なので、一安心。

当該中学校の実習生に何かあれば、橋本も対応しないといけないのですが、
その辺りは恐らく?大丈夫だと思っています。

副免実習が終わった学生さんは教採の勉強を、これから本格的に始まる人は
真摯な取り組みをお願いいたします。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2012-06-17 00:00 | 教育のこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧