人気ブログランキング |

経済教育ワークショップ「福井」(2010)。

本年も引き続き開催します。福井での開催はこれで3回目。
今年は中学校の先生方や教員志望学生を対象とした内容になります。
下記を参照の上、ご参加下さい。

篠原総一先生を初め、中学校の現場経験豊かなお二人の先生、
三枝利多先生、奥田修一郎先生をお招きしてのワークショップになります。

http://www.econ-edu.net/announcement/WS2010.11.13.pdf

*******************************
献本頂いた書籍も今後ここでご紹介していきたいと思います。
まず第一弾は、広島大学・草原先生からのご献本。

2010年度広島大学教育学部教養ゼミ(社会系コース)学習成果「二十歳のころプロジェクト」

学部1年生を対象とした講義である「教養ゼミ」。本年度、「聞く」「書く」に特化したジェネラルスキルの習得を目指し「二十歳のころプロジェクト」を行ったそうです。このプロジェクトは、学生自身が聞き取りを行いたい人物を決め、アポイントメントをとり、そして、その人物の「二十歳の頃」について取材を行い、原稿化してまとめるといった学習で、この学習を通して、①事実を調べて、記述する、という実証的な研究スタイルを習得する②アポを取る、挨拶をする、礼状を出す、といった社会的なマナーを身につける、③学生としてキャンパスライフを送る=青春を謳歌する指針を自分なりに発見する、という「力量」を養うことを目指すものだそうです。

頂いた書籍には11名の方へのインタビューが掲載されています。その対象は、大学教員や私立学校経営者、バス会社会長、漫画家、市長、新聞記者、アナウンサー、生協副店長など多彩な方々です。

私の同級生もインタビュー対象でしたので、記載された内容を読んで、懐かしく二十歳の頃を思い出しました。

本学でも「大学入門セミナー」という入門科目があります。社会系の場合、共通講義が終わった後で、各教員がオムニバスで自分の専門領域の話をするのですが、、、これはこれで成果はあるとは思います。ただ、草原先生の取り組みは現在の学生に欠けていると言われる上記のようなスキルをプロジェクトを通して学べる挑戦的な試みで、本学の講義改善にも参考になる事例だと思いました。

草原先生、献本頂き、ありがとうございました。

b0091443_1124812.jpg

by yasuhirohashimoto | 2010-10-12 11:03 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る