人気ブログランキング |

児童・生徒の習得・活用型学力を育成する・・・

兵庫教育大学の原田智仁先生より過日以下の書籍を献本頂きました。

児童・生徒の習得・活用型学力を育成する社会科学習指導方法と評価に関する研究

公益財団法人 日本教材文化研究財団が本年9月に刊行した研究書籍。「調査研究シリーズ50」号です。

同研究では、小学校社会科における「習得・活用・探究」型の学力ないし学習の機能と相互の関連を明らかにすることを目指したとのこと。また、それらの育成と評価の手立てを学習指導・評価モデルとして構築し、モデルに基づく具体的な授業を試行することで、モデルの妥当性を検証することをねらいとしたとのこと。

研究の方法としては以下が挙げられています。

(1)社会科の学力論・学習論に関する先行研究を整理しながら、社会科における「習得・活用・探究」は学力論が相応しいのか、それとも学習論が相応しいのかを明らかにする。
(2)(1)を踏まえつつ、「習得・活用・探究」の意義と方法を明らかにし、社会科学力ないし学習の全体像に位置づける。
(3)社会科におけるすぐれた先行授業事例の分析等を通して、「習得・活用・探究」型学力ないし学習の育成の論理を究明するとともに、学習指導と評価のモデルを構築する。
(4)小学校高学年の社会科から一定の単元ないし題材を選択肢、(3)の学習指導と評価のモデルに基づく授業・評価計画書を開発する。
(5)(4)で創出した授業・評価計画書に基づく授業と評価を実践し、そのプロセスおよび成果を分析することを通して、学習指導と評価モデルの妥当性を検証する。

「実践研究」の手法を採用し、現在の教育的課題に応えるとても意義のある研究だと思いました。また開発された授業は、「小学校地理学習-『わたしたちの大阪府』の場合-」「小学校歴史学習-『江戸の文化をつくりあげた人々』の場合-」「小学校政治学習-『わたしたちのくらしと地方政治』」の三種類になります。

早速本学の学部生が「卒論研究」で活用しています。これからじっくり拝読したいと思います。下記アドレスを参照頂ければ、内容を垣間見ることができます。

http://www.jfecr.or.jp/pdf/chosa50.pdf
by yasuhirohashimoto | 2010-10-14 18:21 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る