人気ブログランキング |

仁愛女子高校公開授業(2011)。

過日、仁愛女子高校にて、NIEの公開授業が行われました。
仁愛女子高校は来年度のNIE全国大会の会場であり、NIEの
公開授業も担当します。

今回は来年度実施予定の単元「新聞から北陸新幹線を考える」のうち、
これまで北陸新幹線に関する新聞記事を読み解いて、不思議に感じたこと、
疑問に感じたことを出し合うのが本時のねらい。そのためにグループ活動を
行いました。

授業ではまず、これまでの新聞記事から読み取れた北陸新幹線の「良い点」
「課題になる点」を上げさせます。「良い点」は例えば、「福井から東京までの
時間が短縮できること」「経済効果が上がること」などが提示されました。
一方で「課題になる点」としては、「ストロー現象が起こる」「財政負担が重くなる」
「特急の本数が減る」などが子どもたちから提示されます。

その後で、上記の課題、「疑問に感じたこと」「新しい資料としてどのような資料が
必要か」について問います。

グループでの活動でしたが、「財源確保の問題が解決していないのになぜ、新幹線
を作るのか」「ストロー現象で20億円マイナスになるが、経済効果で80億円プラスと
新聞記事にはあるが、どのような根拠でこのような数字をはじき出したのか」「橋下
知事が替わるのに、大阪府の北陸新幹線への姿勢は変化はないのか」などが提示
されました。また、新しい資料として必要なものとして、「在来線対策に関する資料」
「新幹線の運賃がどれくらいになるのか」等々が示されました。

子どもたちが「気になること」として「騒音問題」や「福井駅にある高架800mはどうなる
のか(新幹線が通らなければ無駄)」が示されますが、これは子どもの「こだわり」でし
かない。問題を考えるポイントは軽重が付けられる。「経済効果」がどのようなものか、
その算出の仕方等は重要だと思います。

あくまでそれは今後の授業展開で気をつける必要がある点。とりあえず、本時のねらい
はほぼ到達したようですので。授業を担当されたO出先生は、福井大学で橋本の授業
を以前受講されていました。初めての公開授業?成功だったと言えるのではないでしょうか。

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/nie/31320.html

b0091443_17502015.jpg


b0091443_17503623.jpg

by yasuhirohashimoto | 2011-11-05 00:00 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る