ベトナムのこと。

最近、ベトナムに良く行っています。



少しの休みで、一都市を十分堪能できます。
昨年から今年にかけて、ハノイ、ホーチミンに行ってきました。

皆さんもご存知の通り、ハノイ(北)とホーチミン(南)では、
何というか、人民の気質が違います。

ホーチミンは「開放的」であり、「大らかさ」、表現を変えれば
良い意味での「いい加減」さがあるような気がします。一方で、
ハノイの人民は「勤勉」「堅実」といったイメージ。

ホーチミンに渡航する際に気を付けたことは「泥棒」(笑)。
観光客の多い「ビンタン市場」周辺はバイクによるひったく
が多く、日本総領事館も「注意情報」を出しています。

http://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/2014/feb/20140225_hcm_deno_anzen_notameni.pdf

また、タクシーもやっかいです。上記「注意情報」を見て
頂ければわかりますが、「ぼったくりタクシー報告書」なる
ものが、総領事館から配布されています。

20年前でしょうか。橋本が初めてタイに行ったときに、ひどい
「ぼったくりタクシー」に出会ったことがあるのですが、それ並
みかもしれません。

一方で、ハノイは、「泥棒」については、比較的安心感があります。
安全・安心に旅行ができる印象でした。

ただ、町中の「面白さ」「活気」は、ホーチミンの方が上でしょうね。

ハノイもホーチミンも「昭和」な香りがします。若い街、活気のある街です。

是非、皆さんもベトナムフリークになりましょう(笑)。

[PR]
by yasuhirohashimoto | 2014-03-02 00:00 | 興味津々なこと | Comments(0)

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧