福井県教員採用試験のこと(2014年)。

採用試験に関する要項が公表されています。



http://www.pref.fukui.jp/doc/gakukyousei/jouhou_d/fil/20140514-1.pdf

今年は、中・高校とも社会科に関しては昨年度並みの募集人員。

昨年度から、採用試験の形態が変わりました。特に小学校の専門は、
「実践経験」の有無で左右される試験。「実践経験」のほとんどない
学部生が、小学校の採用試験を受け、合格するのはなかなか大変。

ただ、そうは言っても、小学校の採用枠は、80名。実は、50歳代の
先生方で辞められる方が多く出てきた場合、80名以上採る必要も
ある。そういった場合がなかったとしても、小学校で受験する方が
採用されやすいのは間違いない(中・高と比べて)。

とにかく、学習指導要領をくまなく頭に入れておくことが大切なのは
言うまでもありませんが、教科書などを見て、授業をイメージする、
そういった訓練をしていく必要もあるでしょう(例えば、授業事例集
などを見てみるなど)。

後は、採用試験の模擬試験を必ず受験すること、特に、生協が行う
模擬試験が予定されていますから、必ず申し込むこと。試験慣れも
大事です。

どうも今年の4年生は勉強している感じがしない。同じ階の地域の
学生は本当によく勉強している(公務員試験の合格者が増えてき
ている理由がよくわかる)。数年講師をしてそれからが「本番」と考
えているのだろうか?しかし、しっかり準備をしている学生などは
4年生の時点で必ず合格しているとも聞く。

とにかく勉強して頑張って下さい。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2014-06-02 00:00 | 教育のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧