法教育委嘱事業報告書刊行

昨年度、本県は文部科学省から「法教育の実践に関する調査研究」事業を委嘱されていました。

この事業は、法務省法教育研究会による報告書(詳しくは『はじめての法教育』ぎょうせいを参照のこと)に示された中学校社会科公民的分野における4学習事例の検証の他、各学校種での法教育授業開発・実践を主な目的にしており、福井県の他、札幌市、茨城県、大阪府、福岡県の各教育委員会等が委嘱を受け実施したものです。

本県では、小・中学校での法教育教材開発・実践を主として行ってきました。一部の実践については先日ご紹介したDVDに収録されています。また過日報告書も刊行されました。

報告書の目次は以下の通りです。

はじめに

1 調査研究のテーマと趣旨
(1)法教育の理念と意義
(2)文部科学省の委嘱の趣旨
(3)福井県における調査研究の方針

2 調査研究の内容及び方法
(1)調査研究の組織
(2)調査研究の内容
(3)調査研究の日程

3 調査研究の結果
(1)福井県法教育推進連絡協議会の開催
(2)福井法教育授業開発研究会の開催
(3)福井法教育授業実践部会の開催及び提案授業の実施
(4)先進県調査研究
(5)ジュニア・ロースクールの開催
(6)研究実践校における取り組み(福井市川西中学校)

4 成果と今後の課題

5 各種資料(※は報告DVDに収録されているもの)
・「ジュニア・ロースクール福井2005」中学生クラスA【ルールづくり】※
・「ジュニアロースクール福井2005」中学生クラスB【プライバシー】※
・「ジュニアロースクール福井2005」小学生クラス【ペナルティ】※
・「川西中学校の法教育」
・福井市川西中学校「校内ロボコンのルールを考えよう」【ルールづくり】※
・福井市川西中学校中学校「座席変えの方法を考えよう」【手続き的正義】
・福井市川西中学校「違いの違い」【憲法・配分的正義】
・法教育授業実践部会活動報告(提案授業【私法】※)
・福井大学附属小学校教育研究発表授業【手続き的正義】

〈参考資料〉
・高等学校地理歴史科における「法反省」の授業
・高等学校公民科における「法批判」の授業


報告書は福井県下の小・中学校に配付されます。参考にしていただければ幸いです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2006-06-10 09:38 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧