高校の先生方と・・・③

先日高校の先生方との研究会を開催しました。今年も昨年に引き続き社会科(地理歴史科・公民科)で実施可能な「法」の授業開発を進めています。本日は本年度取り組むテーマが正式に決まりました。

■地理歴史科日本史 「人足寄場と矯正制度」
→現在の刑務所制度を吟味するために江戸時代後期の人足寄場制度を取り上げ、比較・検討する中で刑務所制度を「見直す」とともに人足寄場の同時代的意義を確認する。

■公民科「裁判員制度を批判する」
→現在導入されようとしている裁判員制度について、憲法上の論点や、裁判員制度を実現しようとする場合の背景にある法の原理・原則を踏まえた上で、諸外国の制度、日本の過去の陪審制度等と比較・吟味・検討する中で、国民の司法参加の在り方を探求する。

また「株仲間と独占禁止法」(日本史)「企業責任と法」(公民科)についても教材研究を進めることになりました。

今年度は、昨年度開発した授業、日本史「『生類憐れみの令』が天下の悪法である理由」 公民「直接民主制とレファレンダム」や他の授業事例も含め1冊の冊子にまとめる予定です。

作成した授業プランは学会発表しますのでご叱正頂ければ幸いです。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2006-07-26 07:41 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧