人気ブログランキング |

今年のできごと

いよいよ年が暮れようとしています。今年最後の日記です。
ということで、今年の主なできごと2つに絞ってまとめることで今年の日記を閉めたいと思います(他にも書きたいことはあるのですが、もっと長くなりますので;苦笑)。

□今年は、法関連教育の理論研究よりも実践研究を中心に取り組んできました。

→昨年に引き続き、福井の高校の先生方とご一緒して、「法批判学習」や「法反省学習」に関する教材作り・授業実践の他、今年は、先日検討会を行ったように、佐賀や広島の先生方とも教材作りを進めてきました。過日の日記にも書きましたが、年度末にこれらの取組をまとめた報告書を出す予定にしています。

→弁護士の先生方との教材作りについては、野坂弁護士を始め福井弁護士会の諸先生方や福井・金沢の小学校・中学校の先生方とご一緒して、「紛争(トラブル)解決学習」の領域に入る授業プランを小学校や中学校を対象としたものとして作成してきました。特に今年は、「紛争(トラブル)解決」の方法論を法学的に整理する研究も並行して進めてきました。

→野坂先生との共編著本『“法”を教える 身近な題材で基礎基本を授業する』を出版しました。

→大阪・松原市中央小学校で主として4年生と6年生の法学習(カリキュラム)設計に助言してきました。この小学校での授業は、いずれも「紛争(トラブル)解決学習」の領域に入るものです。先生方の「熱心さ」から「私もしっかり頑張ろう」という意欲を頂くことができました。

→助言指導や講演やシンポジウムに関与する機会が昨年に比べ激増しました。法関連教育に関するものばかりですが、いずれもチャンスを頂いたお陰で、これまで気付かなかったことに気付くことができ、自分の研究にとっても大変有意義なものばかりでした。


□全国社会科教育学会福井大会を開催しました。

→学会準備は、ちょうど2月くらいから。研究大会の企画・立案がスタートでした。例年になく魅力的なテーマを。そしてこれまで取り上げていないシンポや課題研究の設定を・・・と色々悩みながら・・・結果として「21世紀社会科の革新」を大会テーマとし、シンポをこれまで授業レベルでは議論しましたが、カリキュラムレベルでは議論してこなかった様々な「知」を観点にした社会科構成論を取り上げました。シンポジストの皆様には大変ご苦労をお掛けしました。ここに改めて御礼申し上げます。そして、課題研究は「学びの共同体」「社会システム」「公共性」「リテラシー」で構成しました。企画テーマが決まれば、シンポジストや課題研究コーディネーターの人選。依頼。大会案内作成・・・・とずっととぎれることなく、業務が続きます。そして大会1ヶ月前になると、ほぼ毎日、大会準備業務が入ります。そして大会当日。大会参加者も400名を遥かに超え、盛会となりました。大会の準備では、本学学生さんのご助力が無ければ到底なし得なかったことだと思います。いくら感謝しても感謝しきれないのではと思っています。なお大会の残務は未だ続いています(苦笑)。

来年の抱負は年明けに。今年も「橋本のひとりごと」を読んでいただいてありがとうございました。皆様が迎える新しい年が良い年でありますよう祈念しています。
by yasuhirohashimoto | 2006-12-31 17:33 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る