社会系教科教育学会

過日、見出しの学会が開催されたので参加してきました(司会をしてきました)。

今年は大学院入試との兼ね合いで2日目しか参加できませんでしたが、拝聴した研究発表はいずれも大変興味深く、いずれもオリジナリティがあるものでした。

特に島根大学の尾原康光先生のご発表は、これまでの代表的な実践を類型化する中で、「権力からの自由」としての社会科論の必要性を主張されました。「新しい」社会科論なのかどうかは、カリキュラム編成論や授業構成論を見てみないと何とも言えませんが、大変刺激的なご発表だったと思います。

昨年は全社学の準備で忙しく、個人の学会発表は見送ってきました。今年はどこかでと思っています。御指導下さいますよう。
[PR]
by yasuhirohashimoto | 2007-02-28 13:56 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧