人気ブログランキング |

ジュニア・ロースクール福井・1日目

本日、ジュニア・ロースクール福井が開催されました。
今日・明日の予定で行われる、福井では「恒例の行事」です。

今年1日目は、小学生・中学生合同での「『さるかに合戦』で考える『約束ってなに?』」です。
さるかに合戦は、皆さんもご存じの通り、「柿の種」と「おにぎり」を交換したカニとさるの話ですが、この昔話を用いて、カニとさるが結んだ「約束」について吟味し、カニはさるとどのような「約束」を結んでおけば良かったのかについて考えるといった「授業」です。

「授業」の際に発せられた問いは以下の通りです。

Q1:カニが「おにぎり」と「柿のたね」を交換しようと思ったのはどうしてか。
Q2:カニは柿の実を自分でとることができないとわかったときに、「やっぱり取りかえっこするのはやめた。柿の実は食べていいから、おにぎりを返して」とサルに要求できるのか。
Q3:サルは勝手に柿の実を取って食べたけど、こんなことして良いのか。
Q4:サルは、ぜったいにカニのために柿の実をとってあげないといけないのか。
Q5:こんなややこしいことにならないたえに、カニは、「おにぎり」と「柿の種」を取りかえっこするとき、サルとどんな約束をしておけば良かったのだろう。

「授業」としては、Q4までが「導入」Q5が「展開」でしょうか。Q5については、子供たちから、「サルが柿をとる代わりにその代償として10分の2程度をサルにあげる(カニの取り分は10分の8)」や10分の3にするといった主張に見られる、「お礼」の割合をどう考えるのかに焦点化した意見が多く出されました。

ただ時間がなかったこともあり、本来授業のまとめで行うべき、「約束のあり方」については話が及びませんでした。ネタは良いので、少し学習内容を「契約」と結びつけるなど、工夫をすれば面白い授業になると思います。

また本学の大学院生さんの感想は以下の通りでした。

■学習材の具体性とわかりやすさがあり、かつ生徒に明確な意思表示をさせる工夫が良くできていた授業でした。

今日は午後から裁判所見学。明日もこの行事続きます。明日は本学の学生さんも参加しますので。楽しみにしています。

b0091443_1336471.jpg

by yasuhirohashimoto | 2007-08-09 13:37 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る