人気ブログランキング |

大阪府松原市中央小学校校内授業研修会。

にほんブログ村 教育ブログへ

先日、見出しの会に参加してきました。
当日の日程は以下の通り。

(1)13:45~14:30 研究授業5年「競合する責任」
(2)15:45~17:15 研究協議

今回の授業は、テレビ局のカメラやマイクとほぼ同じ機能のもので大がかりに撮影されました(ある企業に撮影を弁護士会が依頼しました)。なぜなら今年、12月に近畿弁護士連合会で行われる法教育シンポジウムでこの授業の様子を放映するからです。

今回の授業テーマは前述した通り「競合する責任」。

①まず「関心対責任の対立状況」である「リレーの練習に行く責任とサッカーを友達と一緒にすること、どちらを果たすべきか」を子どもたちに議論させる。
②次に「価値(責任)対責任の対立状況」である「お母さんの荷物を持つ責任とリレーの練習をする責任、どちらを果たすべきか」を子どもたちに議論させる。
③そして最後に「責任対責任の対立状況」である「リレーの練習をする責任対けがをした子どもの世話をする責任、どちらを果たすべきか」を子どもたちに議論させる。

といった三段階、いずれも「ツール」である「緊急性」「重要な価値」などを利用し、自分たちの主張を組み立てるといった内容。

批評会では、先生方からのご意見を羅列すると「ツールを使って主張を組み立てていない子がいた」「感情論で主張する子がいた」「主張を言いっぱなしで、議論になっていない」「①や②はどのツールを使えばよいのか、そもそも使うツールがないのではないか」「議論を行わせるためにも、どちらの責任の立場に立つのか、グループ分けして、自分の立場(自分たちの立場)を鮮明にし、討論させる形式が良いのではないか」

私や大阪弁護士会のF弁護士の方からは、「そもそも『かわいそう』といった感情論で議論していたのでは通常の道徳教育に他ならない、法教育で授業を構成する場合は、ツールをうまく子どもたちが使える必要があること」「そのためには、どのようなツールを使って子どもたちに主張させるのか、ツールから問題事例を作るといった流れで教材開発が必要であること」「法教育は事実の吟味が必要であり、たとえば、けがをしたといった事実に対して、どの程度のけがなのか、かすり傷なのか、足の肉がえぐれている位ひどいけがなのか、そういったことを疑問に持つ必要がある。そうすることでどちらの責任が重要なのか、意見が変わってくる」等々。

批評会では「ツールは難しい言葉になっている。わかりやすく言い換えていいのか?」「たとえば、『私にとって良いこと、悪いこと』、『相手にとって良いこと、悪いこと』といったものをツールとして良いのか」といった意見が出されました。F弁護士は、「ツールは大切であり、簡単に変えるべきものではない」といった趣旨の発言でしたが、私からは「F弁護士は法律家の立場での話であり、私は教育の研究者であるので、もっと柔軟に考えている。発達段階もあるので、現時点での発達段階の子どもにとって理解が難しいものであれば、それは捨象することはやむを得ない。ただ場面場面で重要なツールがあるので、その点は了解頂きたい」といった趣旨で発言をしました。

批評会終了後、校長室で色々お話をしました。
その際のO校長先生のお話が印象的でした。

「法教育は子ども子どもの意見を踏まえ、指導を変えていく必要がある。一つの指導案の流れというよりも三つくらいの指導の流れが必要だ」

議論・討議を重要な方法原理としているのが「法教育」です。議論・討議を経ることで合意に至る。その筋道は実は大人にもわからない。ただ大人として譲れない部分はある。それは立憲主義的な内容、即ち人権尊重等だが、その譲れない部分を教師は頭に入れておきながら、子どもの発言を想像し、筋道=指導案を作る。議論・討議の授業を行う上の基本中の基本ですが、改めて「法教育」でもその授業構成方法の重要性を感じた次第です。

なかなか良い議論ができたと思います。今回の近畿弁護士連合会のシンポには今年中央小学校「ピアルール部主任」のO先生がパネルディスカッションで登壇されます。授業の様子は、大阪弁護士会の取り組み報告で上映されます。

このシンポについても詳細が決まれば、このブログにアップします。ちなみに私が基調講演とパネルディスカッションのコーディネートをすることになります。この件もどうするか、考えないといけません。

***********
福井はもうめっきり秋深まるといった様相。まもなくコートが必要な時節になりそうです。
by yasuhirohashimoto | 2008-10-30 20:27 | 研究のこと

福井大学教育学部の社会科教育学担当者が日々感じること、研究のことなどを気の赴くまま記しています。


by yasuhirohashimoto
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る